越すとは?

こ・す【越す/超す】

[動サ五(四)

(越す)ある物の上を通り過ぎ一方から他方へ行く。また、難所障害となるものを通ってその先へ行く。「塀を—・す」「難関を—・す」「峠を—・す」

数量程度がある基準以上になる。「一万人を—・す応募者」「気温が三〇度を—・す」

(越す)ある時期・期間を過ごす。「年を—・す」「還暦を—・す」

(越す)追い抜く。「先を—・される」

(「…にこしたことはない」のように打消し表現伴って)…するのがいちばんよい。「早いに—・したことはない」

(越す)

別の所へ移って住む。引っ越す。「新居へ—・す」

㋑(「おこし」の形で)「行く」「来る」の意の尊敬語。「どちらへお—・しですか」「またお—・しください

[可能] こせる

[下接句] 先を越す先(せん)を越す峠を越す年を越す一山(ひとやま)越す


こ・す【越・超】

1 〔他サ四〕 一方から他方へやる。物の上を通って向こうにやる。渡す。運ぶ。越えさせる。

書紀720崇神一〇年九月歌謡大坂につぎ登れる石群(いしむら)を手越(たごし)に固佐(コサ)ば固辞(コシ)かてむかも」

2 〔自サ五(四)

① (自分自身越えさせる意から転じて) 物の上を通って一方から他方へ行く。

万葉(8C後)一・五「わが大君の 行幸(いでまし)の 山越(こす)風の」

② 他を抜いて先に出る。追い越す。

宇津保(970‐999頃)楼上下「大将を人よりこして大臣になして」

向こうへ行く。また、こちらに来る。

*後拾遺(1086)雑二・九四一「東路其はらからは来たりとも逢坂まではこさじとぞ思ふ相模〉」

時間限定された長さや、区切りを渡る。時間時節を過ぎる。経過する。多く去年から今年今年から来年など、年をわたることにいう

俳諧竹馬狂吟集(1499)八「行としをうばと祖父やわするらん 計会すればとしもこされず」

(5) ある標準より上になる。ある数値を過ぎて上になる。以上になる。

平家13C前)一〇「馬のくさわきむながいづくし、ふと腹につくところもあり、鞍つぼこす所もあり」

(6) まさる。ぬきんでる

御伽草子天神の本地室町時代物語所収)(室町末)「すがはらの大じんに、こす人もなかりけり」

(7) 住む所を他に移す。引っ越す。移転する

洒落本妓者呼子鳥(1777)一「ヤ今吉めは〈略〉またよし町へこしたかな」

[語誌]本来は、「越える」に対す他動詞であったと考えられる古くは、生物動作には「越える」を用い無生物の風や波の動作限って「越す」が用いられたと認められる


越す

大阪弁 訳語 解説
越す クリアする、解く ゲームなどで、ひとつまたは全ての面やステージ攻略してしまうこと。スーマリまだ越されへんねんわいなんドラクエ2日で越したで!



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「越す」に関係したコラム

  • 株式の成行注文と指値注文の使い分け方

    株式の注文方法はさまざまな種類があります。その中でも、成行注文と指値注文はよく使われる注文方法です。この2つの注文方法をうまく使い分けることによって、効率の良い株式投資ができます。ここでは、株式の成行...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「越す」の関連用語

越すのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



越すのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
全国大阪弁普及協会全国大阪弁普及協会
Copyright (C) 2000-2021 全国大阪弁普及協会 All Rights Reserved.

©2021 GRAS Group, Inc.RSS