調質とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 表現 > 調質 > 調質の意味・解説 

調質

英語 thermal refining

鋼の熱処理法のひとつ。広義では焼入れ焼もどし焼きならし(焼準)を総称して調質と呼んでいるが、一般に焼入れ焼もどしをいう。焼き入れ変態点以上850~900加熱保持し、油中などに急冷してマルテンサイト組織形成させ部品全体硬くし、さらに焼入れ後約500上の温度焼きもどし行いトルースタイト組織、またはソルバイト組織形成させ、靭性高め操作をいう。焼入れ後の硬さ含有炭素量、部品大きさによって大幅異なる。重要保安部品といわれている機構部品は、強度を増すため調質が行われていたが、最近非調質鋼進歩熱間鍛造のまま使われるケース多くなっている。

参照 非調質鋼
※「大車林」の内容は、発行日である2004年時点の情報となっております。



調質と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「調質」の関連用語

調質のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



調質のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三栄書房三栄書房
Copyright c San-eishobo Publishing Co.,Ltd.All Rights Reserved.
吉崎メッキ化工所吉崎メッキ化工所
Copyright (C) 2020 (株)吉崎メッキ化工所. All rights reserved.

©2020 Weblio RSS