蟋蟀とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 生物 > 昆虫 > 蟋蟀 > 蟋蟀の意味・解説 

こおろぎ〔こほろぎ〕【蟋蟀】

直翅(ちょくし)目コオロギ科昆虫総称の間や石の下などにすみ、体色褐色。体はやや平たく頭部大きく触角長い。雄は前翅(まえばね)に発音器をもち、こすり合わせ鳴く。オカメコオロギ・エンマコオロギ・ツヅレサセコオロギなど。古くは「きりぎりす」といった。《 秋》「―や路銀にかへる小短冊犀星

古く秋に鳴く虫総称

夕月夜(ゆふづくよ)心もしのに白露の置くこの庭に―鳴くも」〈万・一五二


しっ‐しゅつ【××蟀】


きりぎりす【螽蟖/螽斯/蟋蟀】

直翅(ちょくし)目キリギリス科昆虫。体は緑色または褐色で、体長4センチくらい。夏から秋にかけて日当たりのよい草原でみられ、雄は日中ギースチョンと鳴く本州以南分布するが、岡山以東のヒガシキリギリスと近畿以西のニシキリギリスに分類することもある。はたおり。ぎす。ぎっちょ。《 秋》「わが胸の骨息づくや―/波郷

コオロギ古名。《 秋》「無残やな甲(かぶと)の下の―/芭蕉


蟋蟀

読み方:キリギリス(kirigirisu)

コオロギ古称直翅目キリギリス科昆虫


蟋蟀

読み方:コオロギ(koorogi)

直翅目コオロギ類の昆虫総称


蟋蟀

読み方:サセsase

キリギリス(今のコオロギ古名


こおろぎ 【蟋蟀】

バッタ目コオロギ科昆虫。この鳴き声を楽しむ習慣各地にあるが、これを神の声に擬して神託を得ようとする地方もある(ギリシアその他)。だが、その声を全く反対の死の予兆とする所もある(西欧)。イギリスでは、これが鳴けば嵐がくるとしフランスでは、この家庭安楽象徴とする。中国では、これを戦わせて賭をする。

蟋蟀

作者山口瞳

収載図書私本歳時記
出版社新潮社
刊行年月1992.6
シリーズ名新潮文庫


蟋蟀

作者水上勉

収載図書清富記
出版社新潮社
刊行年月1995.1

収載図書清富記
出版社新潮社
刊行年月1998.2
シリーズ名新潮文庫


蟋蟀

作者山本道子

収載図書女神
出版社講談社
刊行年月1997.6


蟋蟀

作者吉岡

収載図書静かな街
出版社九州文学
刊行年月2002.9


蟋蟀

作者栗田有起

収載図書蟋蟀
出版社筑摩書房
刊行年月2008.9


蟋蟀―促織

作者蒲松齢

収載図書聊斎志異
出版社岩波書店
刊行年月2002.5
シリーズ名岩波文庫


蟋蟀

読み方:キリギリス(kirigirisu)

キリギリス科昆虫海水魚

学名 Gampsocleis buergeri


蟋蟀

読み方:コオロギ(koorogi)

コオロギ上科昆虫総称


蟋蟀

読み方:コオロギ(koorogi)

コオロギ科昆虫総称日陰に住み秋の夜の間で鳴く

季節

分類 動物


蟋蟀

読み方:コオロギ(koorogi)

作者 石田波郷

初出 昭和26年

ジャンル 随筆


蟋蟀

読み方:コオロギ(koorogi)

作者 大江満雄

ジャンル


コオロギ

(蟋蟀 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/10/14 04:16 UTC 版)

コオロギ(蟋蟀、蛬、蛩、蛼)は、昆虫綱バッタ目(直翅目)キリギリス亜目(剣弁亜目)コオロギ上科の総称である[1][2][3]分類体系によってはコオロギ科ともなるが、指し示すものは同じである。


  1. ^ 日本大百科全書小学館
  2. ^ 世界大百科事典平凡社
  3. ^ ブリタニカ国際大百科事典TBSブリタニカ
  4. ^ a b 『料理通信』2017年9月号(株式会社料理通信社)、p.11。
  5. ^ 「コオロギ粉末」でプロテインバー——電通ベンチャーズ、米国の食品スタートアップ・Exoに出資”. TechCrunch Japan. 2017年8月14日閲覧。
  6. ^ 【START up X】虫テック 世界に羽ばたけ/コオロギ・蚕・ハエ…無視できない栄養価/効率飼育・味もアップ「たんぱく質危機」に福音『日経産業新聞』2020年2月21日1面
  7. ^ 「養殖コオロギでしょうゆ/ジョインアース 大豆の代わりに」日本経済新聞』朝刊2019年12月17日(東京・首都圏経済面)2019年12月22日閲覧
  8. ^ Josta, M. C.; Shawb, K. L. (2006), “Phylogeny of Ensifera (Hexapoda: Orthoptera) using three ribosomal loci, with implications for the evolution of acoustic communication”, Molecular Phylogenetics and Evolution 38 (2): 510–530 
  9. ^ 市川顕彦; 初宿成彦, “日本の鳴く虫一覧”, in 大阪市立自然史博物館・大阪自然史センター, 鳴く虫セレクション 音に聴く虫の世界, 大阪市立自然史博物館叢書 ④, 東海大学出版会, ISBN 978-4-486-01815-5 


「コオロギ」の続きの解説一覧

蟋蟀

出典:『Wiktionary』 (2018/07/26 02:26 UTC 版)

名詞

蟋 蟀

  1. シツシュツ)「こおろぎ」の漢名。元は、こおろぎの他、鳴く虫一般指した。
  2. こおろぎ古くきりぎりす熟字訓用法

関連語




蟋蟀と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「蟋蟀」の関連用語

蟋蟀のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



蟋蟀のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
中経出版中経出版
Copyright (C) 2020 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのコオロギ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの蟋蟀 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2020 Weblio RSS