藤浪のとは?

Weblio 辞書 > 成句の検索 > 古典の言葉 > 日本 > 万葉集 > 藤浪のの意味・解説 

ふじ なみの ふぢ- 【藤波の・藤浪の】

枕詞
のつるが物にからまりつくことから「(思ひ)まつはる」にかかる。 「人さはに満ちてあれども-思ひまつはり/万葉集 3248」 〔万葉集「思ひまつはり」を「思ひもとほり」とする説もある〕
「ただ一目」にかかる。かかり方未詳枕詞とはしない説もある。 「 -ただ一目のみ見し人故に万葉集 3075
波の縁語で、「たつ」にかかる。 「 -たちもかへらで君とまれとか/後撰 春下





藤浪のと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「藤浪の」の関連用語

藤浪ののお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



藤浪ののページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2018 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary

©2018 Weblio RSS