菱亜鉛鉱とは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 自然 > 物質 > 鉱物 > 鉱物 > 菱亜鉛鉱の意味・解説 

りょう あえんこう -あえんくわう [4] 【菱亜鉛鉱】


菱亜鉛鉱(Smithsonite)

菱亜鉛鉱
Tsumeb,Namibia
ZnCO3 画像の幅約2.2cm

薄緑色の美しい色合い結晶が菱亜鉛鉱です。
この標本を含むため含菱亜鉛鉱と呼ばれています。

菱亜鉛鉱(Smithsonite)

菱亜鉛鉱
Tsumeb Mine,Tsumeb,Namibia
ZnCO3 標本の幅約3.5cm

薄いピンク色をした鉱物が菱亜鉛鉱です。
英名は有名なスミソニアン博物館創設者J.Smithsonにちなんだものです。

菱亜鉛鉱(Smithsonite)

菱亜鉛鉱
Kelly Mine,near Magdalena,New Mexico,USA
ZnCO3 画像の幅約3cm

美し水色のような形をした菱亜鉛鉱です。

菱亜鉛鉱(Smithsonite)

菱亜鉛鉱
San Antonio mine,Chihuahua,Mexico
ZnCO3 画像の幅約3cm

黄緑色部分が菱亜鉛鉱で、回り取り囲む無色透明結晶異極鉱です。
どちらも亜鉛鉱物ですが、このような美し組み合わせ産出することは稀です。

菱亜鉛鉱(Smithsonite)

菱亜鉛鉱
Tsumeb Mine,Tsumeb,Namibia
ZnCO3 標本の幅約3cm

透明度が高く美しい菱亜鉛鉱の結晶です。
球状に集まった菱亜鉛鉱の表面には菱形結晶面見えます。

菱亜鉛鉱(Smithsonite)

菱亜鉛鉱
Mina San Antonio,Chihuahua,Mexico
ZnCO3 画像の幅約8mm

無色透明異極鉱の上水色の菱亜鉛鉱が付いています。
異極鉱と菱亜鉛鉱の組み合わせ美し標本です。

菱亜鉛鉱

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/12/10 08:11 UTC 版)

菱亜鉛鉱(りょうあえんこう、: smithsonite[4]スミソナイト)は、鉱物炭酸塩鉱物)の一種。化学組成は ZnCO3炭酸亜鉛)、結晶系三方晶系方解石グループの鉱物。


[ヘルプ]
  1. ^ Smithsonite, MinDat.org, http://www.mindat.org/show.php?id=3688 2011年11月17日閲覧。  (英語)
  2. ^ a b Smithsonite, WebMineral.com, http://www.webmineral.com/data/Smithsonite.shtml 2011年11月17日閲覧。  (英語)
  3. ^ a b c Handbook of mineralogy (PDF)” (英語). 2011年11月17日閲覧。 [リンク切れ]
  4. ^ 文部省編 『学術用語集 地学編』 日本学術振興会1984年、113頁。ISBN 4-8181-8401-2
  5. ^ SI NMNH Centennial - Smithsonite” (英語). Smithsonian Institution Libraries. 2010年12月8日閲覧。


「菱亜鉛鉱」の続きの解説一覧



菱亜鉛鉱と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「菱亜鉛鉱」の関連用語

菱亜鉛鉱のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



菱亜鉛鉱のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
Kato's CollectionsKato's Collections
Copyright(C) 1996-2019 Shinichi KATO All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの菱亜鉛鉱 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS