菅原孝とは?

Weblio 辞書 > 人名 > タレントデータベース > 菅原孝の意味・解説 

菅原 孝

菅原孝の画像 菅原孝の画像
芸名菅原 孝
芸名フリガナすがわら たかし
性別男性
生年月日1944/8/7
星座しし座
干支申年
出身東京都
URLhttp://www.havmercy.co.jp/
デビュー年1969
プロフィール弟とデュオBilly Ban Ban」のヴォーカル1969年白いブランコ」でレコードデビュー、いきなり大ヒット。続く「ミドリーヌ」「れんげ草」「さよならをするために」もビックセールスを期し、第23回NHK紅白歌合戦にも出場。フォークグループの代表的アーティストとしてコンサート中心に活動する。1976年ビリーバンバン解散。テレビ・ラジオ・イベントの司会中に活躍1984年ビリーバンバン復活1987年、孝は、この年ベストファーザー(もっとも素敵なお父さん)に贈られるイエローリボン賞受賞。今も、愛をテーマに贈るソフトなアコースティックサウンドでいつも変らぬ新鮮な感動呼び起こしてくれる音楽活動続けている。
デビュー作白いブランコ
代表作品1CMディアゴスティーニ・ジャパン
代表作品2CMS&B
職種音楽/話す仕事

» タレントデータバンクはこちら

ビリーバンバン

(菅原孝 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/06/23 15:02 UTC 版)

ビリー・バンバンBilly BanBan)は、日本音楽グループ。菅原孝、進の兄弟2人によるフォークデュオハブ・マーシー所属。


  1. ^ 2009年1月15日に東京・銀座音響ハウスで開かれたデビュー40周年記念記者会見で、せんだみつおが司会を務め、メンバーの登場にあたって自ら「私はですね、芸能界に潜り込むためにビリー・バンバンに入ったんですよ」と、かつてオリジナルメンバーであったことを明かした。ちなみにせんだはメンバーだった当時「ムッシュ中野」の芸名で活動(参照記事:せんだ、ビリー・バンバン“元メンバー”だった! - サンケイスポーツ、2009年1月16日)
  2. ^ a b 読売新聞社文化部『この歌この歌手〈上〉運命のドラマ120』社会思想社、1997年、265頁。ISBN 4390116010
  3. ^ 富澤一誠『フォーク名曲事典300曲〜「バラが咲いた」から「悪女」まで誕生秘話〜』ヤマハミュージックメディア、2007年、55頁。ISBN 978-4-636-82548-0
  4. ^ 富澤一誠『フォーク名曲事典300曲〜「バラが咲いた」から「悪女」まで誕生秘話〜』155頁。
  5. ^ ビリー・バンバンの菅原孝、脳出血で入院 所属事務所「現状、症状も安定」と報告”. ORICON (2014年7月11日). 2015年5月25日閲覧。
  6. ^ ビリー・バンバン菅原孝、脳出血から仕事復帰「頑張っていかないと」”. ORICON (2015年5月25日). 2015年5月25日閲覧。
  7. ^ 「ビリー・バンバン」弟・菅原進が大腸がんだった”. 日刊スポーツ (2015年5月25日). 2017年7月28日閲覧。
  8. ^ 小島豊美とアヴァンデザイン活字楽団『昭和のテレビ童謡クロニクル 『ひらけ! ポンキッキ』から『ピッカピカ音楽館』まで』DU BOOKS、2015年、239頁。ISBN 978-4-907583-45-3


「ビリーバンバン」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「菅原孝」の関連用語

菅原孝のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



菅原孝のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
タレントデータバンクタレントデータバンク
Copyright © 2019 Talent Databank Co.,ltd. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのビリーバンバン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS