荼枳尼天/吒枳尼天/荼吉尼天とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > 荼枳尼天/吒枳尼天/荼吉尼天の意味・解説 

だきに‐てん【荼枳尼天/吒枳尼天/荼吉尼天】

《(梵)Ḍākinīの音写仏教鬼神で、密教では、胎蔵界曼陀羅(まんだら)外院にあって、大黒天所属する夜叉(やしゃ)神。自在通力をもって6か月前に人の死を知り、その心臓を食うといわれる日本ではの精とされ、稲荷(いなり)信仰混同されている。




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

荼枳尼天/吒枳尼天/荼吉尼天のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



荼枳尼天/吒枳尼天/荼吉尼天のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館

©2021 GRAS Group, Inc.RSS