草蜉蝣とは?

Weblio 辞書 > 生物 > 動物名 > 草蜉蝣の意味・解説 

くさ‐かげろう〔‐かげろふ〕【草蜉蝣】

クサカゲロウ科昆虫。翅(はね)の開張約3センチ。体は緑色、翅は透明で脈が緑色

脈翅(みゃくし)目クサカゲロウ科昆虫総称。細い体で弱々しく薄く大きい4の翅を屋根形に畳む。成虫幼虫とも他の昆虫捕食。卵は糸状の柄で物につけられ、優曇華(うどんげ)とよばれる。《 夏》「―吹かれ曲りし翅のまま/草田男


草蜉蝣

読み方:クサカゲロウ(kusakagerou)

クサカゲロウ科昆虫

学名 Chrysopa intima


草蜉蝣

読み方:クサカゲロウ(kusakagerou)

クサカゲロウ科昆虫小型全体美し緑色をしている

季節

分類 動物



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「草蜉蝣」の関連用語

草蜉蝣のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



草蜉蝣のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.

©2021 GRAS Group, Inc.RSS