花頭巾とは?

Weblio 辞書 > 趣味 > 映画情報 > 花頭巾の意味・解説 

花頭巾

原題:
製作国:日本
製作年:1956
配給:
スタッフ
監督:田坂勝彦 タサカカツヒコ
製作:武田一義 タケダカズヨシ
原作:村上元三 ムラカミゲンゾウ
脚本:衣笠貞之助 キヌガサテイノスケ
企画:高椋廸夫 
撮影:武田千吉郎 タケダセンキチロウ
音楽:渡辺浦人 ワタナベウラト
美術:太田誠一 オオタセイイチ
録音:大角正夫 オオスミマサオ
照明:古谷賢次 フルヤケンジ
キャスト(役名
山本富士子 ヤマモトフジコ (由美)
市川雷蔵 イチカワライゾウ (矢波太郎
勝新太郎 カツシンタロウ (久米寺舜馬)
林成年 ハヤシナリトシ (童子
杉山昌三九 スギヤマショウサク (中迫丹下
夏目俊二 ナツメシュンジ (鳥貝志馬)
鳥居香月子  (千鶴
香川良介 カガワリョウスケ (巻山源庵)
羅門光三郎 ラモンミツサブロウ (竜ヶ瀬逸当)
荒木忍 アラキシノブ (津築権兵衛
東良之助 アズマリョウノスケ (大隅屋与兵衛
石黒達也 イシグロタツヤ (御嶽の間那志)
大邦一公 オオクニイッコウ (団屋弥市
黒川弥太郎 クロカワヤタロウ (赤平乗昌)
小林加奈枝 コバヤシカナエ (蛇女
大美輝子 オオミテルコ (美金)
五代千太郎  (徳川秀忠
原聖四郎 ハラセイシロウ (土井大炊頭利勝)
葛木香一 カツラギコウイチ (中城按司金丸
九条和子 クジョウカズコ (理恵
阿井美千子 アイミチコ阿井三千子 (奈美
浜田雄史  (知念
藤川準 フジカワジュン (金武
堀北幸夫 ホリキタユキオ (加部島甚八)
郷登志彦 ゴウトシヒコ (大戸崎十兵衛
安田祥郎 ヤスダサチオ (日下部東馬)
清水明 シミズアキラ (瀬尾市膳)
武田竜  (片桐
河田好太郎 カワダコウタロウ (伊沢
玉置一恵 タマキカズエ (惣七
横山文彦 ヨコヤマフミヒコ (時田藤内
小林勝  (十)
橘公子 タチバナキミコ (お貞)
由利道夫 ユリミチオ (石伯)
大国八郎 オオクニハチロウ (杣人
岩田正 イワタタダシ (港屋の番頭
解説
一族を亡ぼされた琉球王女の活躍中心として、正義の勝利を描く時代劇中部日本西日本北海道新聞連載中の村上元三原作から「火花」の衣笠貞之助脚本書き、「喧嘩鴛鴦」の田坂勝彦監督、「月夜の阿呆鳥」の武田千吉郎撮影担当した。主な出演者は、「火花」の山本富士子、「花の兄弟(1956)」の市川雷蔵林成年、「祇園の姉妹」の勝新太郎、「無法者の島」の黒川弥太郎月夜の阿呆鳥」の阿井美千子のほか、新スター鳥居香月子デビューする。
ストーリー※ストーリーの結末まで記載されていますので、ご注意ください
按司金丸支配の下、平和に栄えていた琉球王国野望燃え島津公家臣竜ケ瀬逸当、津築権兵衛らの大軍に襲われた。金丸恩顧を受けた御用達貿易商大隅屋与兵衛や、同じ琉球人である間那志の内通で、王家金丸一族浦添の丘で皆殺しとなり、僅かに次女由美が忠実な従者童子に守られ辛くも逃れた。三年後、堺の唐物赤平乗昌の許で成人した由美は、乗昌や小林寺拳法通ず竜潭党の助力一族復仇決意し、手始めに与兵衛の邸を襲う。与兵衛恐怖余り自ら生命絶つが、由美は島津浪人中迫丹下左腕を斬られ危い処を、通り掛った町道場師範代矢波太郎に救われた。弦太郎は由美を医師源庵の許に伴いの手当をする内、彼女の身分復仇決意を知る。一方、与兵衛法要に集った竜ケ瀬一味は、逸当の愛妾美金や回船問屋団屋弥市含めて、由美への対策協議傍ら掠奪品の分配をも計る。そこに現われた久米寺舜馬こと琉球族舜王子は琉球王の簪を所望し姿を消した。間那志は老婆蛇女計り毒蛇を使って由美を倒そうとしたが童子らの妨害蛇女諸共、自らが毒牙倒れた。舜馬は横恋慕する由美への助力拒絶され、恋仇の弦太郎と刃まで交える。由美が弦太郎に心を惹かれるようになった矢先島津藩邸で琉球舞踊将軍秀忠の上覧に入れられた。席上、由美は仇敵津築の眼前王族最後の様を踊って見せるが、老中土井大炊頭に処払い申し渡される。弥市竜潭党に拐かされ、由美の前で、津築の命令によって間那志を説いて内通させた口述書に署名の後、発狂してしまう。由美は口述書を持参の上朝廷直訴決意。これを知った丹下配下浪人組と阻止に立ち向う一味急追を知った旗本鳥貝志馬は、京に向う船上親友太郎急報三保の浜で丹下一味を迎えた弦太郎竜潭党の拳士らが相闘う内、別の浜に下りた由美の一行待ち構えた舜馬一派取り囲まれた。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「花頭巾」の関連用語

花頭巾のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



花頭巾のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社

©2020 Weblio RSS