自動車税とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 政治 > 税金 > > 自動車税の意味・解説 

じどうしゃ‐ぜい【自動車税】

読み方:じどうしゃぜい

自動車保有者毎年課税される都道府県税


自動車税

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/02 00:20 UTC 版)

自動車税(じどうしゃぜい)は、地方税法(昭和25年7月31日法律第226号)に基づき、b:道路運送車両法第4条の規定により登録された自動車に対し、その自動車の主たる定置場の所在する都道府県において、その所有者に課される税金で、普通税である。


  1. ^ a b 総務省|地方税制度|自動車税・軽自動車税種別割”. 総務省. 2021年2月6日閲覧。
  2. ^ 増税への道筋合意…自動車税の制限税率1.5倍に”. response.jp (2005年12月15日). 2012年8月20日閲覧。
  3. ^ a b c 第7回 みんなで考えようクルマの税金”. 自動車税制改革フォーラム (2009年10月31日). 2011年7月27日閲覧。
  4. ^ 輸入車の中には、4,009cc(フォード・エクスプローラーの2代目 - 4代目モデル)や2,034cc(メルセデス・ベンツ B200他)など、ごくわずかに税率区分を上回る車種が存在する。
  5. ^ 2019年10月1日、自動車の税が大きく変わります”. 総務省 (2009年10月31日). 2019年10月13日閲覧。
  6. ^ 例:X80系のマークIIチェイサークレスタの、1990年8月以降の2000cc超(ガソリン車)のエンジン(2500cc3000cc)を搭載した仕様など。
  7. ^ 低公害車を普及するために”. 環境再生保全機構. 2018年8月9日閲覧。
  8. ^ 自動車税のグリーン化特例の概要”. 国土交通省. 2020年1月26日閲覧。
  9. ^ 自動車関係税制に関する研究会 報告書”. 総務省 (2010年9月10日). 2020年1月26日閲覧。
  10. ^ 経済産業省関係 平成21年度税制改正のポイント”. 経済産業省 (2008年12月12日). 2012年2月8日閲覧。(PDF)
  11. ^ a b 古いクルマに乗ることは「罪」なのか? 「自動車税のグリーン化」をもう一度考える”. 乗りものニュース (2015年6月20日). 2017年9月9日閲覧。
  12. ^ 海外からの中古車は20万キロでも「新車」扱い、でも国産車は13年経過で環境負荷大きい?”. carview ("2018-05-15"). 2018年8月9日閲覧。
  13. ^ 自動車税は本来的に財産税であり、自動車を所有していることそのものに担税力を見出しているものであって、車検有効期間中であるか否か、実際に運行に供されているか否かは課税要件となっていない。
  14. ^ a b c JAMA レポート No.78 自動車関係諸税の国際比較”. 日本自動車工業会. 2012年1月6日閲覧。
  15. ^ 清水草一 (2016年9月11日). “自動車税、減税なるか より公平な税負担 問題は代替財源”. 乗りものニュース(株式会社メディア・ヴァーグ. https://trafficnews.jp/post/57084/3 2019年3月29日閲覧。 
  16. ^ スウェーデン「国民負担70%でも医療費、大学、給食費みんなタダ」”. J-CAST (2010年8月11日). 2013年9月29日閲覧。
  17. ^ a b 平成22年度 自転車交通の総合的な安全性向上策に関する調査報告書”. 内閣府 (2011年3月). 2013年9月29日閲覧。
  18. ^ a b c シンガポールの政策(2011年改訂版)陸上交通政策編”. 財団法人自治体国際化協会 (2011年6月16日). 2013年9月29日閲覧。
  19. ^ 一向に減らない交通渋滞|シンガポールのクルマ事情|コラム|AsiaX Column
  20. ^ 知ってる?クルマの税金”. 日本自動車連盟(JAF). 2012年10月29日閲覧。
  21. ^ JAMA レポート No.91 自動車の税金について”. 日本自動車工業会. 2012年10月29日閲覧。
  22. ^ a b 環境自動車税、自工会志賀会長「現在の軽が国際的なレベル」”. response.jp (2010年11月18日). 2011年10月21日閲覧。
  23. ^ フェンダーが、軽自動車の幅を越える。スマートKは、フェンダーを切り詰めて軽自動車規格内におさめた。
  24. ^ JAMA 自家用乗用車ユーザーの税負担額(11年間)”. 日本自動車工業会. 2012年10月30日閲覧。
  25. ^ その差4倍以上! 同じクルマで自動車税がこんなに違う「営自格差」とは?”. クリッカー. 2018年3月19日閲覧。
  26. ^ 日本自動車会議所、自動車取得税・重量税の廃止求める。”. Response (2012年6月26日). 2012年11月9日閲覧。
  27. ^ “「環境自動車税導入を」 総務省研究会”. (2010年9月16日) [要文献特定詳細情報]
  28. ^ “(社説)税制改正 この先が思いやられる”. (2011年12月11日) [要文献特定詳細情報]
  29. ^ “軽自動車税、年1万円超 現行の1.5倍~2倍 政府案”. (2013年12月5日) [要文献特定詳細情報]
  30. ^ “自民、普通車を優遇 「軽」の増税、公明を押し切る”. (2013年12月12日) [要文献特定詳細情報]
  31. ^ “エコカー減税、基準厳しく 取得税と重量税 税制改正方針”. (2014年12月25日) [要文献特定詳細情報]
  32. ^ 茂木経産相「引き続き車体課税の見直しに全力で取り組んで参りたい」” (日本語). レスポンス(Response.jp). 2020年3月2日閲覧。
  33. ^ “(にっぽんの負担)税制の攻防 自動車税制、玉虫色の決着”. (2016年3月7日) [要文献特定詳細情報]
  34. ^ “自動車税、燃費で4段階 減税規模200億円 政府・与党案”. (2015年12月9日) [要文献特定詳細情報]
  35. ^ “エコカー減税、対象縮小 新車の9割→7割 与党方針”. (2016年12月7日) [要文献特定詳細情報]
  36. ^ a b 衆議院議員古本伸一郎君提出自動車関係諸税に関する質問に対する答弁書”. www.shugiin.go.jp. 2020年2月29日閲覧。
  37. ^ “自動車減税、業界が要望 財務省、恒久化は消極的 消費増税控え”. (2018年9月21日) [要文献特定詳細情報]
  38. ^ “自動車税巡り、経産省VS.総務省 「取得減税を」「道路財源必要」”. (2018年11月7日) [要文献特定詳細情報]
  39. ^ “自動車税、最大4500円減 1300億円規模で最終調整 政府・自民”. (2018年12月7日) [要文献特定詳細情報]



「自動車税」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



自動車税と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

自動車税のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



自動車税のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
三栄書房三栄書房
Copyright c San-eishobo Publishing Co.,Ltd.All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの自動車税 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS