耐震型優良建築物等整備事業とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > ビジネス > 経営 > 事業 > 耐震型優良建築物等整備事業の意味・解説 

耐震型優良建築物等整備事業

市街地総合再生計画区域内や地震防災対策強化区域内の市町村のDID(人口集中地区)などにおいて、認定を受けた特定の建築物耐震改修する際に、耐震化工事にかかる費用に対して一定の補助が受けられるという制度のこと。対象となる地域としては、以下のものがあげられる。(1)地震防災対策強化地域(東海地震)のA(DID地区)かB(区域内の人口密度が30戸/ha以上となる5ha以上の区域で、区域内住宅数が300戸以上)。(2)東南海・南海地震防災対策推進地域のAかB。(3)南関東直下地震対策大綱対象地域のAかB。(4)地震予知連絡会指定した特定観測地域観測強化地域のAかB。(5)市街地総合再生計画区域

耐震型優良建築物等整備事業/耐震改修タイプ

耐震改修計画認定を受けた、敷地面積500m2以上、延床面積1000m2以上、地上3階建て上の特定建築物に関して耐震改修工事を行うものを「耐震改修タイプ」という。またその場合には、調査・設計計画費や耐震改修工事費一部補助してくれる。



耐震型優良建築物等整備事業と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

耐震型優良建築物等整備事業のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



耐震型優良建築物等整備事業のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
SUUMO(スーモ)SUUMO(スーモ)
COPYRIGHT 2019 RECRUIT CO.,LTD
リクルート SUUMO(スーモ)住宅用語大辞典

©2019 Weblio RSS