細野 秀雄とは?

細野秀雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/05/13 09:18 UTC 版)

細野 秀雄(ほその ひでお、1953年9月7日 - )は日本の材料科学者。東京工業大学応用セラミックス研究所教授。主な研究分野は無機材料科学・ナノポーラス機能材料超電導物質、無機光・電子材料、磁気共鳴、透明酸化物半導体など。


[ヘルプ]
  1. ^ トムソン・ロイター、ノーベル賞有力候補者28名を発表 - 日本人は3名が選出 マイナビニュース 2013年9月25日
  2. ^ 【神奈川のノーベル賞候補 新春インタビュー(3)】細野秀雄東京工業大教授 産経新聞 2015年1月4日
  3. ^ ういたくじ、宇井純の弟
  4. ^ 昼間は工学部、夜間は理学部の講義を受けた。
  5. ^ https://researchmap.jp/read0180710/
  6. ^ 「物質の潜在力を引き出す」読売新聞2015年11月19日
  7. ^ C12A7に金属チタンを加え、1200〜1300℃に熱すると、かご構造の酸素イオンが電子に置き換わって導体になる。
  8. ^ 透明なため液晶パネルなどの電極に使える。現在酸化インジウムスズという高価で希少な材料を使っている。また水中での還元剤としても使える。
  9. ^ セメントが金属に変身 ー ありふれた元素で高機能材料を作る理化学研究所大型放射光施設SPring8
  10. ^ 公益財団法人新技術開発財団 - 過去の受賞一覧 - 第30回市村学術賞 - 【貢献賞】受賞対象開発テーマ「イオン注入による新機能性ガラス・アモルファス材料の創製」
  11. ^ “鉄系超伝導の細野氏ら5人=仁科記念賞”. 時事通信社. (2012年11月9日). http://www.jiji.com/jc/zc?k=201211/2012110900857&g=soc 2013年2月26日閲覧。 
  12. ^ “「トムソン・ロイター引用栄誉賞」を発表。日本からは、東京工業大学の細野秀雄氏、大隅良典氏、東京大学の水島昇氏”. トムソン・ロイター. (2013年9月25日). http://ip-science.thomsonreuters.jp/press/release/2013/nobel-laureates/ 2013年10月3日閲覧。 
  13. ^ 細野秀雄教授が米国物理学会 James C. McGroddy Prize for New Materials を受賞 東京工業大学 2014年10月9日
  14. ^ 日本学士院賞に細野秀雄氏ら9人”. サイエンスポータル. 科学技術振興機構 (2015年3月13日). 2015年3月16日閲覧。
  15. ^ 日本学士院賞に9人選ばれる”. NHLニュース. NHK (2015年3月12日). 2015年3月16日閲覧。
  16. ^ 細野秀雄 博士(日本)
  17. ^ 日本国際賞に細野秀雄氏ら サイエンスポータル 2016年1月26日
  18. ^ 日本のイノベーター「IGZO」の液晶材料開発(細野秀雄教授) 東京工業大学応用セラミックス研究所
  19. ^ 日経産業新聞 2013年10月29日朝刊9面・10月30日朝刊6面


「細野秀雄」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「細野 秀雄」の関連用語

細野 秀雄のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

AT-500型

灰汁

オガサワラオオコウモリ

グラハム・ベル

放射線

ビールの利用法

引っ掛けリーチ

桧扇





細野 秀雄のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2018 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの細野秀雄 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS