第16循環とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 第16循環の意味・解説 

景気循環

(第16循環 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/04/15 06:25 UTC 版)

景気循環(けいきじゅんかん、: Business cycle)とは、経済全体の活動水準である景気において、循環的に見られる変動のことである。景気変動(けいきへんどう)、景気の波(けいきのなみ)とも呼ばれる。景気が一定の原因により決まった周期で恒常的・法則的に循環すると考える説を景気循環論という。




  1. ^ 景気動向指数の見方、使い方 第1章 景気変動をどうとらえるのか (1) 景気変動”. 内閣府. 2011年4月29日閲覧。
  2. ^ 景気動向指数研究会 平成20年 6月27日 議事概要”. 2011年8月18日閲覧。
  3. ^ 景気動向指数研究会 平成21年 1月29日 議事概要”. 2011年8月18日閲覧。
  4. ^ 景気の4局面分割への試論
  5. ^ a b 岩田規久男 『景気ってなんだろう』 筑摩書房〈ちくまプリマー新書〉、2008年、16頁。
  6. ^ [1] Archived 2014年1月25日, at the Wayback Machine. 「景気循環」の英語版en:Business cycleから翻訳
  7. ^ 技術を進歩させる変数として何を考えるかは立場が分かれている。内生的な経済変数によって説明する立場は、労働や設備の不足や景気の過熱を懸念した投資意欲の減退などを変数とする。外性的な経済変数によって説明する立場は、予想外の技術革新、天候の変化、石油危機などを変数とする。
  8. ^ 小峰隆夫 『ビジュアル 日本経済の基本』 日本経済新聞社・第4版〈日経文庫ビジュアル〉、2010年、14頁。
  9. ^ (参考)景気動向指数採用系列の変遷(PDF形式:30KB)統計は1960年から公開されている。
  10. ^ (参考) 第15循環の景気の谷の暫定設定について(PDF形式:205KB)第一循環の山を1951年6月と設定しているため、少なくともそれ以前から統計はとられていたと考えられる。
  11. ^ 日本の戦後景気循環過程1949年が第一循環の谷だと主張する人(1949年当時の日本は、アメリカ主導の連合国軍占領下であった為、アメリカの景気基準日付を参考にしていた可能性もある)もおり、景気動向指数ができる前の可能性がある。
  12. ^ 日本の景気循環1950年5月が第一循環の谷だと主張する内閣府の一部の人もいる。
  13. ^ 第15循環の景気の谷以降の状況について(概要)- 内閣府経済社会総合研究所
  14. ^ 統計表一覧:景気動向指数 結果
  15. ^ 景気指標と実感、ズレがあるときは要注意”. 2011年8月21日閲覧。




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「第16循環」の関連用語

第16循環のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



第16循環のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの景気循環 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS