突くとは? わかりやすく解説

つ・く【突く/衝く/×撞く】

読み方:つく

[動カ五(四)

とがった物で一つ所勢いよく刺したり強く当てたりする。「で—・く」

棒状のもので強く押す。「判を—・く」「ところてんを—・く」

棒などの先を打ち当て鳴らす。「鐘を—・く」

細長い物の先を押し立てて支えにするまた、つっかえ棒をする。地面や床などに強く当てる。「つえを—・く」「ひざを—・く」

打ち当てはずませる。「まりを—・く」

弱い所予想しない所、急所などを選んで鋭く指摘した攻めたりする。「不意を—・く」「核心を—・く」

嗅覚などの感覚心を強く刺激する。「鼻を—・く臭気」「胸を—・く哀話

障害悪条件問題にしないで何かをする。「風雨を—・いて進む」

強い勢いで何かに当たるまた、限界に達する。「を—・くような大男」「食糧が底を—・く」

10 将棋で、盤上にある歩(ふ)を前に一つ進める。

→刺(さ)す[用法]

[可能] つける

[下接句] 家に(つえ)つく・意気天を衝(つ)く・痛い所を衝く意表をつく・兎(う)の毛で突いたほど・木戸を突く虚を衝く雲を衝く言言肺腑(はいふ)を衝く・篠(しの)を突く・角水(すみず)を突く・底を突く盾を突く(つえ)に突く・手を突く天を衝く・時を撞(つ)く・怒髪天を衝くと胸を衝く・額(ぬか)を突く・鼻を突く胸を突く


つつ・く【突く】

読み方:つつく

[動カ五(四)

何度も軽く突く。こつこつと小刻みに突く。また、そのようにして合図注意をする。「棒で草むらを—・く」「アカゲラが幹を—・く」「ひじで—・いて注意する

なべ料理などを、繰り返しはしで挟んで取って食べる。「寄せなべを—・く」

などが、嘴(くちばし)で何度も突くようにして食べる。「モズカキを—・く」

欠点などを、ことさら取り上げて問題にするとがめるほじくる。「—・かれないように言葉気をつける

そそのかすけしかける。「誰かが陰で—・いているにちがいない」

調べる。検討する。「いろいろの角度から問題を—・いてみる」

[可能] つつける


突く

盤上歩を進めること。
突き越す・・・相手歩を受けなかった時に位をとること。
突き捨て・・・盤上歩を突いて捨てること。
突き違い・・・自分の歩に向かって相手歩を突いてきた時、その歩を取らずに、その隣接した歩を突くこと。

突く

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/20 08:10 UTC 版)

武具」の記事における「突く」の解説

戦闘こと戦場において最も一般的な攻撃で、先端部の、狭い面積打撃集中させることで、対象与えダメージ増強するまた、すきが少なく比較遠間からの攻撃を得意とする。特に正確に急所狙った場合打撃力格段に威力倍加するが、逆に命中させること自体難しく外れやすい。しかし速度付きやすく、打撃面点となるため、受け止めにくい。また受け流す、弾く場合同様に難しい。体重をかけて体当たりする要領で突くと、とてつもなく破壊的貫通力の高い技になるが、弾かれたり、払ったり受け流されると極端に体勢を崩すことになるため、死角から奇襲する相手無力化させてから使うのが好ましい。これらの動作組み合わせる相手側からは間合い入りづらく、近づきにくいまた、これらの動作相手読まれづらいことも有利に働く。しかし、突き動作自体難しく完全に使えるようになるのに長期訓練必要とする

※この「突く」の解説は、「武具」の解説の一部です。
「突く」を含む「武具」の記事については、「武具」の概要を参照ください。


突く

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/16 03:11 UTC 版)

将棋用語一覧」の記事における「突く」の解説

歩を前進させること。

※この「突く」の解説は、「将棋用語一覧」の解説の一部です。
「突く」を含む「将棋用語一覧」の記事については、「将棋用語一覧」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「突く」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

突く

出典:『Wiktionary』 (2021/08/14 13:17 UTC 版)

和語の漢字表記

  1. つくを参照

「突く」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

突くのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



突くのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
将棋タウン将棋タウン
Copyright (c)1999-2022 Shogitown. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの武具 (改訂履歴)、将棋用語一覧 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの突く (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS