突き当たるとは?

つき‐あた・る【突(き)当(た)る】

[動ラ五(四)

進んで行ってものに勢いよく当たる。衝突する。ぶつかる。「車が電柱に—・る」

それより先へ進めないところに行きつく。「—・って右に曲がる」

思いがけない問題障害出会う。「難問に—・る」


つき‐あた・る【突当】

〔自ラ五(四)

行きあってぶつかる。衝突する。ぶつかる。ゆきあたる

小説奇言(1753)一「只是不唐突(〈注〉ツキアタル

② 道を進んでこれ以上進めない所まで来る。行き着く行きづまる。

俳諧七番日記文化一一年(1814)一一月「木母寺つきあたりたる時雨哉」

坊っちゃん(1906)〈夏目漱石〉一〇「大手町突き当って薬師町へ曲がる角の所で

思いがけないことに出会う。また、困難な問題直面する。

思出の記190001)〈徳富蘆花〉一〇「些やそっとの困難は此方から衝撞(ツキアタ)っても見たい位」

④ 人に手荒く対する。無愛想にする。

人情本春色辰巳園(1833‐35)四「あたり処(どこ)がねへといって、親に突当(ツキアタ)りゃアがることもねへ」

(5) 富くじ入札(いれふだ)などの当たりを突いて、当たりとなる。

浮世草子日本永代蔵(1688)一「人に召(めし)つかはれし下女突当(ツキアタリ)て四匁にて家持となれり」

(6) 思いあたる。符合する。

父の婚礼(1915)〈上司小剣〉一「それを読んだ時、礑(はた)と自分身の上突き当ったやうな」




品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「突き当たる」の関連用語

突き当たるのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



突き当たるのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館

©2022 GRAS Group, Inc.RSS