禁じられた唇とは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 製品 > 芸術・創作物 > 映画 > 映画作品 > 禁じられた唇の意味・解説 

禁じられた唇

原題:
製作国:日本
製作年:1958
配給:
スタッフ
監督:堀池清 ホリイケキヨシ
製作:高木雅行 タカギマサユキ
原作:沢野久雄 サワノヒサオ
脚色:新藤兼人 シンドウカネト
撮影:高村倉太郎 タカムラクラタロウ
音楽:木下忠司 キノシタタダシ
美術:松山崇 マツヤマタカシ
編集:近藤光雄 コンドウミツオ
録音:神谷正和 カミヤマサカズ
照明:大西美津男 オオニシミツオ
キャスト(役名
野添ひとみ ノゾエヒトミ (文子
浅丘ルリ子 アサオカルリコ (戸美
津川雅彦 ツガワマサヒコ (五郎
滝花久子 タキバナヒサコ (戸久
清水将夫 シミズマサオ (大館
柳沢新一 ヤナギサワシンイチ (丸
山岡久乃 ヤマオカヒサノ (君奴)
葵真木子 アオイマキコ (安子
小沢昭一 オザワショウイチ (浩吉)
長谷川照容  (お八重
初井言栄 ハツイコトエ (浜夕の仲居
安井昌二 ヤスイショウジ (芳武)
小夜福子 サヨフクコ (幸江)
清水まり子 シミズマリコ (峰子)
小園蓉子 コゾノヨウコ (道江)
坂井美紀子 サカイミキコ (五郎下宿奥さん
原恵子 ハラケイコ (円山公園おばさん
清水千代子 シミズチヨコ (奈良のダンゴ屋の娘)
解説
主婦と生活連載沢野久雄原作を、「美徳のよろめき」の新藤兼人脚色、「危険な年齢」の堀池清監督したラブ・ロマンスである。撮影は「俺は待ってるぜ」の高村倉太郎担当した。主演は「江戸の小鼠たち」の津川雅彦、「地上」の野添ひとみ、「九人の死刑囚」の浅丘ルリ子。ほかに「心と肉体の旅」の安井昌二柳沢真一山岡久乃小園蓉子小沢昭一若手に、滝花久子清水将夫小夜福子ベテラン助演する。
ストーリー※ストーリーの結末まで記載されていますので、ご注意ください
京の祇園世界に育った年増芸者戸久には、この土地を嫌って京大に学ぶ文子と、好んで舞妓となった戸美という姉妹の娘があった。死んだ父の友人大館紹介で、戸美は、東京から京大に学ぶ学生五郎を、一日京都奈良案内し、彼を慕わしく思うようになった卒業控えて、五郎の兄の会社就職を頼む文子も、彼に友人上の人知れぬ心を抱いていた。しかし、姉妹互にそれを知らない巨額の金を積んで戸美を狙う丸若旦那口説きも、五郎への思いをつのらせるばかり。舞妓姿と加茂川べりを歩くことを恥らう彼に、「この髷がいかんのどすか」と、元結ぷっつり切って見せる彼女だった。妹の心の人が五郎とは知らぬ文子も、この恋を励ました。卒業間近五郎東京へ、そして戸美大館計らい上京、夢のような湘南海岸ドライブ青空の下の海辺で二人は変らぬ愛を誓った。一方上京した文子就職も、五郎の手うまくいった。しかし、翌日五郎誕生日パーティで、姉妹待っていたのは知らなかった皮肉な恋の宿命悲しみであった。傷心の戸美は丸琵琶湖の宿に向った。けれども、崩れんとする彼女を救ったのは姉文子だった。古い舞妓世界から妹を引上げるのは五郎の愛のみと知ってかけつけのだった加茂川水ぬるむ春、文子温かい心づかいに包まれて五郎の待つ東京に向って京都離れる汽車の窓には、涙に濡れた戸美があった。



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「禁じられた唇」の関連用語

禁じられた唇のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



禁じられた唇のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社

©2019 Weblio RSS