石摺(り)とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > 石摺(り)の意味・解説 

いし‐ずり【石×摺り/石×搨り】

石碑などの文字を紙に摺(す)り取ること。また、摺り取ったもの。拓本(たくほん)。

染め布地木目のたった板や文様を刻した物などの上に置き、堅木で摺って木目文様などを表すこと。技法1に似るところからいう。


いし‐ずり【石摺】

〔名〕

石碑などに刻まれた書画を、墨をつけて紙に写しとること。また、写しとったもの。地が黒く書画部分白く出る。拓本(たくほん)。打碑(だひ)。乾打碑(かんだひ)。

拾遺古徳伝絵詞(1301)九「義之(ぎし)がいしずり一紙のおもてに十二行(かう)、〈八十余字〉これに一首のうたをあひそへり」

書画を板に刻み、墨をつけて地が黒く、書いた部分白く出るように、紙に写しとること。また、写しとったもの。

俳諧三百韻附両吟二百韻(1678)「そのさとへ石摺(いしズリ)の文かよひけり〈信章〉」



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「石摺(り)」の関連用語

石摺(り)のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



石摺(り)のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館

©2022 GRAS Group, Inc.RSS