石で手を詰・めるとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > 石で手を詰・めるの意味・解説 

石(いし)で手(て)を詰(つ)・める

動きがとれない。進退きわまる

「石で手詰め貧の病」〈浄・忠臣講釈


いし【石】 で 手(て)を詰(つ)める

動きのとれないこと、進退きわまること、また、貧乏で動きのとれないことのたとえ

俳諧毛吹草追加(1647)上「石で手やつめし岩間のかき(わらび)〈保友〉」

浄瑠璃太平記忠臣講釈(1766)七「常の才覚さへ、石(イシ)で手詰(テヅ)めた貧の病

[補注]囲碁より出たことばという(諺苑)。



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

石で手を詰・めるのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



石で手を詰・めるのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館

©2022 GRAS Group, Inc.RSS