真昼の円舞曲とは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 製品 > 芸術・創作物 > 映画 > 映画作品 > 真昼の円舞曲の意味・解説 

真昼の円舞曲

原題:
製作国:日本
製作年:1949
配給:松竹
スタッフ
監督:吉村公三郎 ヨシムラコウザブロウ
製作:小倉武志 オグラタケシ
脚本:新藤兼人 シンドウカネト
撮影:生方敏夫 ウブカタトシオ
音楽:加藤政雄 カトウマサオ
美術:大村三郎 オオムラサブロウ
録音:浜田辰雄 ハマダタツオ
照明:吉沢博 ヨシザワヒロシ
キャスト(役名
田中絹代 タナカキヌヨ (雨宮鶴代
井川邦子 イガワクニコ (貝原恵子
青山杉作 アオヤマスギサク (雨宮二郎
吉川満子 ヨシカワミツコ (妻静江
東野英治郎 トウノエイジロウ (栗林三平
村瀬幸子 ムラセサチコ (妻泰子)
千田是也 センダコレヤ (坂崎
坪内美子 ツボウチヨシコ (妻孝子
若原雅夫 ワカハラマサオ (西条実道)
佐田啓二 サダケイジ (河野秀隆)
滝沢修 タキザワオサム (春宮
東山千栄子 ヒガシヤマチエコ (ユキ
殿山泰司 トノヤマタイジ (多恵子叔父
手代木国男 テシロギクニオ (警官
新島勉  (脳病院先生
解説
製作は「別れのタンゴ」の小倉武志で「森の石松(1949)」「殺人鬼」の新藤兼人脚本から「森の石松(1949)」につぐ吉村公三郎監督する。キャメラ同じく森の石松(1949)」の生方敏夫担当する。主演は「四谷怪談(1949)」につぐ田中絹代と「地獄の笛」「白鳥は悲しからずや」の井川邦子で、それに「四谷怪談(1949)」「母呼ぶ鳥」の滝沢修、「グッドバイ(1949)」の若原雅夫、「愁海棠」の坪内美子、「白鳥は悲しからずや」の東山千栄子、「四谷怪談(1949)」の佐田啓二らの他千田是也東野英治郎青山杉作らが出演する。
ストーリー※ストーリーの結末まで記載されていますので、ご注意ください
ここ麹町高台焼跡古び洋館広間へ、そそくさ中年男たちが集まって来た。この家の主人公雨宮鶴代の危とくの報せしぶしぶやって来た縁者たちである。この家に三十年つとめたという女中ユキの話で、鶴代二日眠り続け、もはや臨終だというのだ、古びガランとしたこの家にはもう何一つ品物もなくこの家すらも抵当に入っている。男たちはもし鶴代が死んだ場合その葬儀責任をだれが負うかでもめた。そのあげくかつて鶴代亡夫囲い者であり今は亡き貝原咲江の娘多恵子にその責任をなすろうということになった。そこで池袋辺のカフェーにいる多恵子がつれてこられた、多恵子はその縁者男たちには冷たい眼でみられていたが、今日ばかりは丁重にむかえられた。ところで二階の部屋こんこんと眠り続け鶴代は、ふっと眠りからさめた。意外であった。ユキはおどろいてみんなを呼んだ、集まった人々見回す鶴代は何ごともなかったようにさわかな面もちであった。そして「みんな集った機会にたった一つ残してある宝箱をみせる」といいだした。男たち急に眼を輝やかした、ところがその宝箱はどこにあるのかわからない男たちみにくく争って地下室物置をさがしまわった。多恵子その男たちの物よくの亡者たちを鋭くながめるのだった。やがて宝箱鶴代の手によって見つかったふたをあける二重底になっていて、静かに舞踏への招待」の音楽流れ出した。男たちはその箱を手に入れんものと、手のひらを返すように鶴代の御気げんをとった。しかし鶴代はそれを多恵子の手にあづけてしまった。やがて男たち提唱によって鶴代の気げんをとるために舞踏会が開かれることになった。鶴代若き日の恋春宮招待してくれという。しかたなく男たちは今有楽町ガード下でくつ磨きをしている春宮老人をつれてきた、舞踏会開かれた男たち宝箱をもった多恵子にいいより、多恵子益々みにくい男たちの姿を知った。やがて宝箱の中から流れ音楽にのって鶴代春宮若き日幻想の中で静かにおどり出した。そしておどりの中で鶴代は再び倒れ春宮は気が狂ってしまった。息をひきとる間際男たち宝箱を奪いあったが、しかし多恵子の手から受けとった宝箱二重底の中から出てきたのは春宮から鶴代にあてた恋文であった。男たちはふん然として去っていった鶴代死の床で、多惠子ユキだけが、その恋文をみつめていた。古いものは去り恋文は多恵子の手で焼かれた。古いもの、みにくいものへのぎょう視から多恵子はきっと新しい強い生き方をするであろう



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「真昼の円舞曲」の関連用語

真昼の円舞曲のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



真昼の円舞曲のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社

©2019 Weblio RSS