白鳥新道とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 白鳥新道の意味・解説 

白鳥新道

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/04/01 00:03 UTC 版)

白鳥新道(はくちょうしんどう)は、北海道室蘭市にある国道37号バイパス道路。通行無料の自動車専用道路になっている。第1期区間の陣屋—祝津間(白鳥大橋)が開通している。第2期区間となる祝津—入江町間は入江高架橋が開通しているが[3]、残りの区間は事業化に至っていない。


  1. ^ a b c d 室蘭市都市計画図 (PDF)”. 室蘭市. 2017年2月13日閲覧。
  2. ^ 白鳥新道計画路線図 (PDF)”. 室蘭市. 2014年10月16日閲覧。
  3. ^ a b むろらん 市政だより (PDF)”. 室蘭市 (1986年11月1日). 2014年10月16日閲覧。
  4. ^ a b c d 白鳥新道”. 北海道開発局 室蘭開発建設部. 2017年6月30日閲覧。
  5. ^ “白鳥新道第2期区間で市が現実的な要望に変更”. 室蘭民報 (室蘭民報社). (2004年6月2日). http://www.muromin.co.jp/murominn-web/back/2004/200406/040603.htm 2014年10月16日閲覧。 
  6. ^ “室蘭市、全線整備要望に変更 白鳥新道第2期区間”. 室蘭民報 (室蘭民報社). (2005年5月10日). http://www.muromin.co.jp/murominn-web/back/2005/200505/050510.htm 2014年10月16日閲覧。 
  7. ^ 賑わいある室蘭地域のまちづくり 〜“みち”と“みなと”を活かした未来のために〜 (PDF)”. 白鳥新道市民ワークショップ. 室蘭市 (2007年5月). 2014年10月16日閲覧。
  8. ^ “白鳥新道2期区間、室蘭市が整備案を初めて提示”. 室蘭民報 (室蘭民報社). (2007年11月7日). http://www.muromin.co.jp/murominn-web/back/2007/11/07/20071107m_01.html 2014年10月16日閲覧。 
  9. ^ “室蘭・白鳥新道2期工事の調査費が本年度事業費に計上”. 室蘭民報 (室蘭民報社). (2011年4月6日). http://www.muromin.co.jp/murominn-web/back/2011/04/06/20110406m_01.htht 2014年10月16日閲覧。 
  10. ^ むろらん 市政だより (PDF)”. 室蘭市 (1985年6月1日). 2014年10月16日閲覧。
  11. ^ 都市計画道路”. 室蘭市. 2014年10月15日閲覧。
  12. ^ 広報 むろらん (PDF)”. 室蘭市 (1998年6月). 2014年10月16日閲覧。
  13. ^ 白鳥大橋 (PDF)”. 北の交差点 Vol.3 SPRING-SUMMER 1998. 北海道道路管理技術センター. 2017年6月30日閲覧。
  14. ^ “10年目の室蘭・白鳥大橋、暫定無料継続と本多開発局長”. 室蘭民報 (室蘭民報社). (2007年6月10日). http://www.muromin.co.jp/murominn-web/back/2007/06/10/20070610m_01.html 2017年6月30日閲覧。 
  15. ^ a b c d e f 橋梁長寿命化修繕計画(案) (PDF)”. 北海道開発局. p. 50 (2016年). 2017年6月30日閲覧。
  16. ^ 室蘭港港湾計画図(祝津絵鞆地区) (PDF)”. 室蘭市. 2017年6月30日閲覧。


「白鳥新道」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「白鳥新道」の関連用語

白鳥新道のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



白鳥新道のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの白鳥新道 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS