白い友情とは?

Weblio 辞書 > 趣味 > 映画情報 > 白い友情の意味・解説 

白い友情

原題:Private Worlds
製作国:アメリカ
製作年:1934
配給:
スタッフ
監督:Gregory La Cava グレゴリー・ラ・カヴァ
製作:Walter Wanger ウォルター・ウェンジャー
原作:Phyllis Bottome フィリス・ボトム
脚本:Lynn Starling リン・スターリング

Gregory La Cava グレゴリー・ラ・カヴァ
撮影:Leon Shamroy レオン・シャムロイ
美術:Alexander Toluboff 
キャスト(役名
Claudette Colbert クローデット・コルベール (Jane Everest
Charles Boyer シャルル・ボワイエ (Charles Monet
Joel McCrea ジョエル・マクリー (Alex MacGregor
Joan Bennett ジョーン・ベネット (Sally MacGregor
Helen Vinson ヘレン・ヴィンソン (Claire
Esther Dale エスター・デール (Marton
Samuel S. Hinds サミュエル・S・ハインズ (Dr. Arnold
Jean Rouverol ジーン・ルーヴェロル (Carrie Flint
Guann Williams  (Jerry
The dore Von Eltz  (Dr. Harding
Stanley Andrews スタンリー・アンドリュース (Dr. Barnes
Irving Bacon アーヴィング・ベーコン (McLean
解説
輝ける百合」「クレオパトラ(1934)」のクローデット・コルベール主演するウォルター・ウェンジャー作品で、「林檎の頬」「独裁大統領」のグレゴリー・ラ・カヴァ監督に当たったもの。原作フィリス・ボトム作の小説で「ブルースを唄う女」「恋のセレナーデ」のリン・スターリング監督ラ・カヴァと協力して脚色した。主役コルベール助けて「キャラバン」「心の痛手」のシャルル・ボワイエ、「ミシシッピ」「若草物語(1933)」のジョーン・ベネット、「世界一の金持ち娘」「南海漁火」のジョエル・マクリー、「その夜の真心」のヘレン・ヴィンソンエスター・デールサミュエル・S・ハインズらが出演している。撮影は「三日姫君」「路傍」のレオン・シャムロイ担任
ストーリー※ストーリーの結末まで記載されていますので、ご注意ください
ジェーン・エヴァレストは欧州大戦恋人を奪われてから、感ずる所あって一生医師として送ることを決心した。そしてある精神病院勤め、女の身で男患者病棟医長として好成績をあげると同時に同僚のアクレス・マグレガーと共に精神病理学研究にいそしみ、アメリカ全土でも有数精神病医師誉れ得ていた。マグレガー院長たらんと望み、自らは殆ど就任出来ると信じていたが、期待反して院長にはフランスからチャールズ・モネー博士招待されて就任した。モネー主義として女医認めずジェーン外来患者診察主任左遷した。マグレガーは自らが院長になれなかったこと、を新院長が手腕有るジェーンを軽んじているのに憤慨して辞職しようとしたが、ジェーンになだめられて思い止まった。彼にサリーと言う貞淑な妻があったが、モネーの妹クレア誘い乗り研究も殆ど放棄して遊び回った。クレアフランス夫殺し嫌疑を受けた事のある娼婦型の女で、モネーは妹の為に名誉と財産を失ったことから、ジェーン何かしら心を引かれつつも、女であること憎しみを持っていた。ジェーンも恋に絶望した身であったが、院長モネーのことを思う時の余りに多いのに我ながら怪しむ程であった。この院長ジェーン接近は一層マグレガー理由のない妬み刺激し、彼は殆ど妻サリー顧みないクレア浮気恋愛遊戯溺れた。心痛極み達しサリー一時的発狂起こして、階段から転落重傷を負った。それを発見したジェーンモネー乞う応急手術施して貰った。手術成功サリーは命を取り留めた。そしてモネー断然クレア放逸してしまった。マグレガー初め迷夢から覚めて、モネー感謝し、サリー心から愛することを誓った。サリー発作原因は、ジェーンマグレガー仕事の上での親交にもあるとの院長非難ジェーンに取って晴天の霹靂であると同時に一の天啓であった。彼女は辞職決意して去ろうとした。彼女が去ると聞いて、今は彼女を深く愛していることを悟ったモネーは、ジューン遮り止めて愛を告白した。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「白い友情」の関連用語

白い友情のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



白い友情のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社

©2019 Weblio RSS