申すとは? わかりやすく解説

まお・す〔まをす〕【申す】

読み方:まおす

[動サ四]「もうす」の古形

たらちねの母に—・して時も過ぎ月も経ぬれば」〈万・三六八八〉

天飛ぶやもがもや都まで送り—・して飛び帰るもの」〈万・八七六


ま・す【申す】

読み方:ます

[動サ四]動詞「もうす」の音変化。または、「う」の無表記か。

一の御子敦仁親王と—・しけるぞ」〈栄花月の宴

世を忍ぶお身なれば一所には置き—・されず」〈浄・手習鑑〉


もう・す〔まうす〕【申す】

読み方:もうす

[動サ五(四)《「まおす」の音変化

主として会話用い聞き手に対し、「言う」を改まって丁重に表現する丁寧語

㋐「言う」対象聞き手(または尊者の場合には、対象を敬う気持ちも残るが、現在、対象を敬う謙譲語は「申し上げる」である。「昨日先生に—・したとおりです」

㋑単に「言う」を改ま丁重にいう場合この場合にも、謙譲気持ちは残るので、敬うべき人の動作には用いない。現在、「先生申された」のような言い方適切でないとされる。「父がこのように—・しております」「私は鈴木と—・します」「一口に日本と—・しましても」

1へりくだる気持ち失せて、「言う」を改ま重々しくいう。「そうは—・しておらん」

動作対象を敬う謙譲語

㋐「言う」の謙譲語申し上げる。古くは、改まって言上する場合多く用いられた。

「(帝ニ)翁(おきな)のありさま—・して」〈竹取〉

神仏朝廷などにお願い申し上げる。また、所望申し上げる。

母君御行くへを知らむと、よろづの神仏に—・して」〈源・玉鬘

いけずき(=馬ノ名)を—・さばやとは思へども」〈平家・九〉

その人の名前・官位などを、人々が…と申し上げる。

田邑(たむら)の帝と—・す帝おはしましけり」〈伊勢七七

㋓「する」「なす」の謙譲語。…してさしあげる。「御助勢を—・しましょう

路次お茶なりと—・さう物を」〈虎明狂・餅酒

補助動詞動詞連用形現代語では「お」などを冠した動詞連用形動作をいう名詞に付いて謙譲の意を表す。「お送り—・します」「御相伴—・します」

文覚流さるる国へ迎へ—・さんずるものを」〈平家一二

[可能] もうせる


申す

出典:『Wiktionary』 (2021/08/16 08:08 UTC 版)

和語の漢字表記

  1. もうすを参照

「申す」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

申すのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



申すのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの申す (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS