玉塵とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 気象 > 気象 > > 玉塵の意味・解説 

ぎょく‐じん ‥ヂン 【玉塵】

1 〔名〕 (美しい塵(ちり)の意で) 異称

文華秀麗集818)下・奉和翫春雪滋野貞主〉「凝黏翠箔珠滴、競入粧楼玉塵

読本本朝酔菩提全伝(1809)二「此方(こなた)は馬上、踢上(けあぐ)る白妙(しろたへ)雪煙り、玉塵(ギョクヂン)を踏み散らし大に戦ひけるが」〔白居易皇甫早春雪見贈詩〕

2 室町時代抄物一つ。別名「玉塵抄」。惟高妙安著。五五巻。永祿六年(一五六三)成立。元の陰時夫が編んだ韻書韻府群玉」の冒頭から第六の巻七まで全体三分の一弱について注釈講述加えたもの。口語的言葉遣いで書かれており、室町時代日本語資料として価値が高い。





玉塵と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「玉塵」の関連用語

玉塵のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



玉塵のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館

©2021 GRAS Group, Inc.RSS