溶岩樹型とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 溶岩樹型の意味・解説 

溶岩樹型

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/30 06:02 UTC 版)

溶岩樹型(ようがんじゅけい)とは、流動する溶岩樹木を取り囲んだ場合に、その後溶岩が冷えて固まった後に、溶岩に囲まれた樹木の幹の跡が、高温の熱によって焼失し空洞部分を形成する現象によってできた、縦穴や横穴などの洞穴を指す[1]。「溶岩樹形」とも表記される[2]。日本では、富士山北麓や浅間山北麓などで溶岩樹型が見られる。特に富士山の北麓地域には顕著に溶岩樹型が分布する。


  1. ^ 日本大百科全書(ニッポニカ),百科事典マイペディア. “溶岩樹型とは” (日本語). コトバンク. 2021年4月28日閲覧。
  2. ^ デジタル大辞泉. “溶岩樹形とは” (日本語). コトバンク. 2021年4月28日閲覧。


「溶岩樹型」の続きの解説一覧



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  
  •  溶岩樹型のページへのリンク

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

溶岩樹型のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



溶岩樹型のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの溶岩樹型 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS