温度センサとは?

Weblio 辞書 > 工学 > 製造業技術用語 > 温度センサの意味・解説 

温度センサ

読み方オンドセンサ
【英】:temperature sensor

温度センサとは、物体温度測定するセンサのこと。接触式と非接触式に大別できる。
接触式温度センサは直接対象物接触して測定する方式で、構造が簡単で広く使われている。
主なものとして、白銀測温抵抗体サーミスタ熱電対トランジスタ温度特性利用したIC化温度センサ、
水晶のYカット利用した水晶温度計熱膨張利用した水銀アルコール温度計がある。
接触式温度センサは、物体から放射される赤外線計測し、その赤外線量から温度測定する方式
主なものに赤外線を受けたセンサ素子温度変化利用したサーモパイルサーミスタなどの熱型と、光量子を受けたセンサ素子変化利用したフォトダイオードフォトトランジスタなどの量子型がある。
■ 関連技術




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「温度センサ」の関連用語

温度センサのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



温度センサのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
イプロスイプロス
COPYRIGHT © 2001-2018 IPROS CORPORATION ALL RIGHTS RESERVED
モノシリ

©2018 Weblio RSS