泉貨紙/とは?

Weblio 辞書 > 学問 > 歴史民俗用語 > 泉貨紙/の意味・解説 

せんか し せんくわ- [3] 【仙花紙・泉貨紙】

和紙の一。(こうぞ)の皮ですいた厚手の丈夫な紙。江戸時代には帳簿紙袋などに用いた。天正年間1573~1591伊予の僧,泉貨創製したという。せんか。
第二次大戦後故紙砕木パルプなどを原料としてつくられた,粗悪な洋紙

泉貨紙

読み方:センカシ(senkashi)

愛媛県東宇和郡野村町伝承されている、二枚生紙合わせ厚手強靱楮紙


泉貨紙

名称: 泉貨紙
ふりがな せんかし
芸能工芸区分 工芸技術
種別 手漉和紙(てすきわし)
選択年月日 1980.04.04(昭和55.04.04)
選択要件
備考
解説文:  泉貨紙は、戦国時代南予の宇和地方支配した西園寺公広仕え数々功績のあった兵頭太郎右衛門が、西園寺公広死後入道して泉貨と号し、産業奨励従事する中で、【こうぞ】の厚紙発明したことに始まると伝えられる。
 十七世紀後半になると、宇和島の泉貨紙(仙花・仙過等と記す。)は、大阪などに大量進出するようになったが、有名になるとともに吉野など他産地でも類似のものが漉かれるようになった宇和島藩紙漉き所管する役所設置し、主要な々に支局を配して、奨励を図るとともに統制強化した。その結果、泉貨紙をはじめ各種各様の紙を漉き出すようになり、量産ばかりでなく、技術的にも発展した。
 泉貨紙は、原料地元を用いた楮紙であり、その製法特色は、細かい竹簀【ず】と粗い【かや】簀(しの簀)の二枚の簀を用いて交互漉き一枚合わせるもので、この結果、細かい簀には微細繊維がのって薄紙となり、粗い簀には長い繊維がそろって厚紙となり、この両者補いあって一枚になると、漉き終わり繊維の立った面どうしが接するため、密着して容易に剥がれない強靱な紙になる。なお、近年一つ向こう側に細かい竹ひごで編んだ簀を置き、手前には粗い竹ひごで編んだ簀を置き、同時に紙を漉きその後直ち向こう側の簀を手前の簀の上折り重ねて、一枚合わせる方法が行われる。
 江戸時代用途は、保存要する帳簿経紙等であったが、現在は出版用紙写真貼り等の台帳)や柿渋や漆を塗る紙貼りの籠の材料となる。
 泉貨紙の紙漉きは、終戦時で約三〇戸であったが、昭和四十年頃には四戸減少し、更に同四十三年にはついに菊地定重氏一戸となった。その後菊地氏は困難な状況の中で伝統的な泉貨紙の保存尽力している。
工芸技術のほかの用語一覧
手漉和紙(てすきわし):  小国紙  清帳紙  西の内紙  泉貨紙  程村紙  土佐典具帖紙
人形:  人形の胡粉仕上の技法

泉貨紙

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/11/28 00:20 UTC 版)

泉貨紙(せんかし)とは、(こうぞ)を原料として作られる、特殊な和紙である。原料は全て天然素材であることと、二枚の紙を一枚にする製法が特徴であり、至って丈夫な紙ができる。現在日本では、三ヶ所でのみ製造されており、呼び名も同じ「せんかし」でも、用いる漢字が異なる場合があるが、現在のところは野村の本場を指す場合を泉貨紙とされている。


[ヘルプ]
  1. ^ 泉貨紙 せんかし”. 2016年1月31日閲覧。


「泉貨紙」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「泉貨紙/」の関連用語

泉貨紙/のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



泉貨紙/のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
文化庁文化庁
Copyright (c) 1997-2019 The Agency for Cultural Affairs, All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの泉貨紙 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS