沈黙の官能とは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 製品 > 芸術・創作物 > 映画 > 映画作品 > 沈黙の官能の意味・解説 

沈黙の官能

原題:The Inheritance L'eredita Ferramonti
製作国:イタリア
製作年:1976
配給:アルバトロス・フィルム
スタッフ
監督:Mauro Bolognini マウロ・ボロニーニ
製作:Gianni Hecht Lucari ジャンニ・ヘクト・ルカリ
原作:ガエターノ・カルロ・チェッリ 
脚本:Ugo Pirro ウーゴ・ピッロ

Sergio Bazzini セルジオ・バッジーニ
撮影:Ennio Guarnieri エンニオ・グァルニエリ
音楽:Ennio Morricone エンニオ・モリコーネ
キャスト(役名
Dominique Sanda ドミニク・サンダ (イレーネ・カレリ)
Anthony Quinn アンソニー・クイン (グレゴリオ・フェルラモンティ)
Luigi Proietti ルイジ・プロイェッティ (ピッポ
Fabio Testi ファビオ・テスティ (マリオ
Adriana Asti アドリアーナ・アスティ (テータ
解説
ガエターノ・カルロ・チェッリの『フェルラモンティの遺産』の映画化主演は、本作品でカンヌ映画祭主演女優賞を受賞したドミニク・サンダ撮影は、「トラヴィアータ1985・椿姫」のエンニオ・グァルニエリ音楽は、「1900年」「アンタッチャブル」のエンリオ・モリコーネ
ストーリー※ストーリーの結末まで記載されていますので、ご注意ください
1800年代ローマ金物商人の娘イレーネ・カレリ(ドミニク・サンダ)は金持ち憧れローマ屈指の金持ちといわれるフェルラモンティ一家にとりいろうとする。当主のグレゴリオ・フェルラモンティは、二人の息子、娘に不満で、商売を辞め彼らに金を渡した。次男ピッポルイジ・プロイェッティ)はカレリ家から金物店を買うことにし、イレーネ恋し結婚する。彼女は長男マリオファビオ・テスティ)、長女アドリアーナ・アスティ)と仲良くなり、マリオ迫り関係を結ぶ。ピッポ深酒をするようになる。さらにイレーネ義父グレゴリオまでも誘惑義父罪の意識にかられて死亡マリオ投資失敗自殺し、酒と羞恥心卑屈さに打ちまかされたピッポ廃人態となり、イレーネ財産すべてを受け継ぐのだった





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「沈黙の官能」の関連用語

沈黙の官能のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



沈黙の官能のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社

©2018 Weblio RSS