母子手帳とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 文化 > 道具 > 手帳 > 母子手帳の意味・解説 

ぼし‐てちょう〔‐てチヤウ〕【母子手帳】

読み方:ぼしてちょう

母子健康手帳」の略称。


母子健康手帳

(母子手帳 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2023/05/05 16:42 UTC 版)

母子健康手帳(ぼしけんこうてちょう)とは、母子保健法に定められた市町村が交付する、妊娠出産育児の一貫した母子の健康状態を記録する手帳のことである。一般に母子手帳(ぼしてちょう)の名でも知られる。自治体によっては親子手帳岡山市)、親子健康手帳常陸大宮市)の名称を用いるところもある[1]


注釈

  1. ^ 「妊産婦」とは、妊娠中又は出産後1年以内の女子をいう(母子保健法第6条1項)。
  2. ^ 妊娠中に手帳の交付を受けていなかった場合は、出生後においても交付することができるものであること(平成3年10月31日児発第922号)。
  3. ^ 規則第7条各号列記によって定められた記載事項については、各事項について過不足なく盛り込むとともに、行政情報等については、各市町村の実情に応じたものとなるよう工夫すること(平成3年10月31日児発第922号)。
  4. ^ 手帳の大きさについて、2002年(平成14年)の様式改正まではA6とされていたが、改正によりサイズの指定が削除されたため、市町村が地域の実情やニーズに応じて決定できることとなった(平成14年1月15日雇児母発第0115001号)。

出典

  1. ^ a b 読売新聞2022年5月15日付朝刊解説面
  2. ^ 谷田貝公昭・林邦雄 (2006). 保育用語辞典. 一藝社. p. 350 
  3. ^ 母子健康手帳の様式(省令様式部分)
  4. ^ リトルベビーハンドブック特定非営利活動法人 HANDS
  5. ^ ふたご手帖プロジェクト
  6. ^ 子育て手帳 +Happy しあわせのたね公益財団法人日本ダウン症協会
  7. ^ 人口政策確立要綱
  8. ^ 歴史から学ぶ ― 産めよ、殖やせよ:人口政策確立要綱閣議決定(1941年(昭和16年)) | お知らせ”. 国際協力NGOジョイセフ(JOICFP). 2022年6月3日閲覧。
  9. ^ 母子保健行政の体系とあゆみ”. 沖縄県. 2023年5月5日閲覧。
  10. ^ 保健所を設置する市及び特別区においては保健所において交付を行うものであること(平成3年10月31日児発第922号)。
  11. ^ a b c d e だれひとり取り残さない母子手帳をめざして 「第10回母子手帳国際会議」報告 執筆者は中村 安秀、チャイルド・リサーチ・ネット(CRN)、2017年2月 3日掲載


「母子健康手帳」の続きの解説一覧

母子手帳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/07 22:06 UTC 版)

おジャ魔女どれみ」の記事における「母子手帳」の解説

第7話から登場した手帳デラ第2話渡し忘れていたため、どれみたちには遅れて送られた。ハナ健康診断育児テストの際に必要となる。合格するとマジョハートからハンコをもらい、押すたびに表紙の色が変化する表紙は子どもである「ハナ」の写真プリントされている。

※この「母子手帳」の解説は、「おジャ魔女どれみ」の解説の一部です。
「母子手帳」を含む「おジャ魔女どれみ」の記事については、「おジャ魔女どれみ」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「母子手帳」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「母子手帳」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



母子手帳と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「母子手帳」の関連用語

母子手帳のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



母子手帳のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの母子健康手帳 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのおジャ魔女どれみ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS