歌うとは?

うた・う〔うたふ〕【歌う/謡う/唄う/×謳う】

[動ワ五(ハ四)]

音楽的な高低調子などをつけて発声する。「歌を—・う」「ピアノ合わせて—・う」

(「詠う」とも書く)詩歌作るまた、詩歌に節をつけて朗読する。「望郷の心を—・った詩」

などがさえずる鳴く。「花咲—・う」

謳う

多く人々褒めたたえる謳歌する。「太平の世を—・う」

㋑ある事を盛んに言いたてる。また、明記して主張する。「国民主権を—・った憲法」→謳(うた)われる

[補説] 1で、謡曲をうたう場合多く謡うと書く。

[可能] うたえる


うた・う うたふ 【歌・謡・唄・謳】

1 〔他ワ五(ハ四)〕

① 声に節を付け歌詞唱える

(イ) ことばを引き延ばしたりして節を付けて声を出す。楽器合わせるのを正式とする。

古事記(712)中・歌謡「この御酒(みき)を 醸(か)みけむ人は その鼓(つづみ) 臼(うす)に立てて 宇多比(ウタヒ)つつ 醸みけれかも」

源氏100114頃)若紫「弁の君〈略〉『豊浦の寺の西なるや』とうたふ」

(ロ) 詩歌を作って吟じるまた、詩歌作る詠じる

伊勢物語(10C前)六五「男は〈略〉かくうたふ。いたづら行きはてきぬる物ゆゑに見まくほしさにいざなはれつつ」

盛んに言いたてる。

(イ) 多くの人がほめたたえる楽しんで声を出す。謳歌(おうか)する。

平家13C前)五「都鄙遠近隣民親疎堯舜無為の化をうたひ」

(ロ) 評判をたてる。うわさする。→謳(うた)われる。

(ハ) 目だつように主張する。書類などにはっきり書き記す

当世書生気質(1885‐86)〈坪内逍遙〉九「卑屈儒者に唱(ウタ)はせたる、一時便宜道徳論なり」

物を言う。話す。

新編常陸国誌(1818‐30頃か)方言「うたふ 語話するを云ふ、古意なり」

2 〔自ワ五(ハ四)〕

① (比喩的用法として) 高い声を出す。調子のついた音を出す。

(イ) などが鳴く。特に、が時を告げる。

*清輔集(1177頃)「天の戸をおし明け方にうたふなりこや朝倉の声」

(ロ) 悲鳴をあげる泣く

歌舞伎花雪恋手鑑(1833)下「もし金がなけりゃ引摺(ひきず)って行てうたはすのぢゃ」

(ハ) 川などが小さな音を立てる

草根集(1473頃)四「川の瀬にうたふさざ浪露かけて木陰涼しきの諸ごゑ」

悪くなることをいう、文政期(一八一八‐三〇)の大工仲間隠語

*新ぱん普請方おどけ替詞(1818‐30頃か)「わるなるを、うとう」

③ 死ぬ。また、倒産する。

浜荻久留米)(1840‐52頃)「うたふた 人の死たるを云、又身上しまうたことをも云」

白状することをいう、てきや、盗人仲間隠語。〔日本隠語集(1892)〕

いやな感じ196063)〈高見順〉二「正直にウタって(白状して)おこう」

[語誌](1)歌は「うたふ」だけでなく「かたる」ことにも通じていたことは「以歌語白(歌を以ちて語り白さく)」という「古事記仁徳記」からうかがえる。また「万葉集でも、歌を「うたふ」とするものは少なく、「作歌(歌を作る)」とするのが最も多い。ただ「作」をツクル訓むヨム訓むかという問題もあり、一概に歌はうたわれたものだとはいえないようである。
(2)平安時代になると、すでに作られた歌を「うたふ」ことはあっても、歌を作ることを「うたふ」とは言わない。むしろ「うたふ」は、歌より歌謡について用いられるようになり、歌は「よむ」ものとなっていった


(歌う から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/05 01:19 UTC 版)

うた)とは、によって音楽的を生み出す行為[1]のことであり、リズム旋律[2]をつけて歌詞などを連続発声する音楽娯楽芸術のひとつである。歌謡(かよう)[3]歌唱(かしょう)[2]とも言う。その起源は旧石器時代にまで遡るとする見解もある[4]


注釈

  1. ^ 冥界の神ハーデースとその妻ペルセポネーは、地上に出るまで決してオルペウスの妻(ニンフエウリュディケー)の顔を見ないという約束でオルペウスに彼女を連れ戻すことを許した。しかし、地上へ急いだオルペウスは、あと一歩のところで誘惑に負けて後ろを振り返り、エウリュディケーを見てしまったため、再び冥界へ降ろされた。

出典

  1. ^ 吉川(1990)p.38-40
  2. ^ a b c d e f g 大辞林「歌唱」「歌謡」
  3. ^ a b c d e 世界大百科事典,平凡社「歌謡」
  4. ^ 武田梵声『フースラーメソード入門』日本実業出版社、2017年、4頁。ISBN 9784534054746
  5. ^ a b c d 吉川(1990)p.38-40
  6. ^ a b 吉川「歌いもの」(1990)p.75
  7. ^ a b c 波多野 和夫 『重症失語の症状学 ~ ジャルゴンとその周辺 ~』 p.158 金芳堂 1991年1月20日発行 ISBN 4-7653-0592-9
  8. ^ 波多野 和夫 『重症失語の症状学 ~ ジャルゴンとその周辺 ~』 p.157 金芳堂 1991年1月20日発行 ISBN 4-7653-0592-9
  9. ^ a b 徳江「歌謡」(2004)
  10. ^ a b c 松村明監修、「大辞泉」編集部編集『大辞泉(第1版増補)』小学館、1998年10月。ISBN 4095012129
  11. ^ 市川孝・遠藤織枝・進藤咲子・見坊豪紀・西尾寅弥編集『三省堂現代新国語辞典(第3版)』三省堂、2007年10月。ISBN 438514060X
  12. ^ 和歌#歴史参照
  13. ^ 金田一春彦金田一秀穂編集『学研現代新国語辞典(改訂第4版)』学習研究社、2008年12月。ISBN 4053028248
  14. ^ 佐藤(2004)


「歌」の続きの解説一覧

歌う

出典:『Wiktionary』 (2018/07/06 02:17 UTC 版)

漢字混じり表記

(うたう)

  1. うたう#動詞:歌う参照



品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「歌う」の関連用語

歌うのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



歌うのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの歌 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの歌う (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS