楽焼きとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 日本語表現辞典 > 楽焼きの意味・解説 

楽焼

読み方:らくやき
別表記:楽焼き、聚落焼

陶器一種で、京都楽家から興った手捏ねてづくね)の軟陶。「一楽二萩三唐津」とも呼ばれ、萩焼)や唐津唐津焼と共に茶陶名器として知られる。

らく‐やき【楽焼(き)】

手捏(てづく)ねで成形し、低火度焼いた軟質陶器天正年間(1573〜1592)京都長次郎千利休指導創始赤楽黒楽白楽などがある。2代常慶が豊臣秀吉から「楽」の字の印を下賜されて楽を家号として以降楽家正統とその傍流分かれ前者本窯後者脇窯という。聚楽(じゅらく)焼き。楽。

一般に素人趣味などで作る、低火度焼いた陶器



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「楽焼き」の関連用語

楽焼きのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



楽焼きのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2021 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館

©2021 GRAS Group, Inc.RSS