未収入金とは?

Weblio 辞書 > ビジネス > 新語時事用語辞典 > 未収入金の意味・解説 

未収入金

読み方:みしゅうにゅうきん
別名:未収金

企業会計において、主たる営業活動以外により生じた未回収代金のこと。

未収入金は、有価証券売却や、土地建物などの固定資産売却時に発生する。

なお、主たる営業活動により生じた未回収代金を「売掛金」という。

未収金

(未収入金 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/04/04 14:02 UTC 版)

未収金(みしゅうきん)は、勘定科目の一つ。流動資産に区分される。




「未収金」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「未収入金」に関係したコラム

  • 株式の投資基準とされる当座比率とは

    株式の投資基準とされる当座比率とは、流動負債の当座資産の割合をパーセンテージで表したものです。当座比率は次の計算式で求めることができます。当座資産÷流動負債×100例えば、当座資産が6億円、流動負債が...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「未収入金」の関連用語

未収入金のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



未収入金のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2020 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの未収金 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS