新 QC7つ道具とは?

Weblio 辞書 > ビジネス > マネジメント用語 > 新 QC7つ道具の意味・解説 

新 QC7つ道具

読み方しんキューシーななつどうぐ
【英】:New Quality Control - 7 Tools

新QC7つ道具とは、言語データ取り扱う次の7つの手法のことである。
 (1) 親和図法
 (2) 連関図法
 (3) 系統図法
 (4) マトリクス図法
 (5) アローダイアグラム
 (6) PDPC
 (7) マトリクスデータ解析

日本QC導入された当初は、会社製造部門主体となって活動していた。その段階では、「QC7つ道具」がよく用いられ、問題90%はQC7つ道具解決するとまで言われていた。

やがて、QC活動対象範囲製造部門以外の開発事務管理部門広がると、従来QC手法適用しにくいという問題が起きてきた。従来QC手法は、主として数値で得られるデータ数値データ)の処理を対象としていたが、営業事務部門では、数値だけでなく、言葉表現されたデータ言語データ)がうまく整理でき、精度の高い情報として取り出せる手法が必要になっていた。

このような経緯により、新しくまとめられたQC手法を「新QC7つ道具」と呼ぶようになった

新QC7つ道具



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「新 QC7つ道具」の関連用語

新 QC7つ道具のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



新 QC7つ道具のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
JMACJMAC
Copyright (C) JMA Consultants Inc. All Rights Reserved.
ISO用語辞典ISO用語辞典
2019 (C) JMC Corpyright All Rights Reserved
株式会社ジェイエムシーISO用語辞典

©2019 Weblio RSS