新型インフルエンザとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 病気・健康 > 病気・けが > 病気 > ウイルス感染症 > 新型インフルエンザの意味・解説 

しんがた‐インフルエンザ【新型インフルエンザ】

読み方:しんがたいんふるえんざ

新型インフルエンザウイルスによって起こ疾患ほとんどの人抗体がないため、パンデミックとなるおそれがある。→季節性インフルエンザ


新型インフルエンザ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/04 04:26 UTC 版)

新型インフルエンザ(しんがたインフルエンザ)はインフルエンザウイルスのうち、ヒト-ヒト間の伝染能力を新たに有するようになったインフルエンザウイルスを病原体とするインフルエンザウイルス感染症である。略称新型インフル


  1. ^ 感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律(平成十年法律第百十四号)”. e-Gov法令検索. 総務省行政管理局. 2009年5月3日閲覧。 : 2009年4月1日から最終改正一部施行.
  2. ^ a b c 田中繁宏「2009年新型インフルエンザウイルスA(H1N1)の流行とその対策についての一考察」『武庫川女子大学紀要. 自然科学編』第57巻、2010年3月31日、 1-8頁、 doi:10.14993/00000494NAID 120005999687
  3. ^ 岡田晴恵、田代真人・監修『史上最強のウイルス12の警告―新型インフルエンザの脅威』文藝春秋〈文春文庫〉、2008年、13-15, 40-41, 61-63, 99。ISBN 978-4-16-775310-8
  4. ^ 「新型インフル特措法施行 外出自粛要請の発令可能に」 『産経新聞』 2013年4月13日付け、東京本社発行15版、3面。
  5. ^ CNN.co.jp:新型インフルエンザ死者数、ブラジルが米国抜き世界最多に
  6. ^ NIKKEI NET 新型インフル、ブラジルで死者270人突破か(日経ネット):国際ニュース-アメリカ、EU、アジアなど海外ニュースを速報
  7. ^ a b c 資料1 新型インフルエンザ対策における抗インフルエンザウイルス薬の備蓄について (PDF)”. 厚生労働省健康局結核感染症課新型インフルエンザ対策推進室 (2015年9月11日). 2017年3月10日閲覧。
  8. ^ 資料1 新型インフルエンザ対策における抗インフルエンザウイルス薬の備蓄について (PDF)”. 厚生労働省健康局結核感染症課新型インフルエンザ対策推進室 (2016年12月16日). 2017年3月10日閲覧。
  9. ^ 新型インフル備えアビガン錠3万人分備蓄へ 厚労省、今月中にも富山化学工業と契約”. CBNews (2017年3月9日). 2017年3月10日閲覧。


「新型インフルエンザ」の続きの解説一覧

新型インフルエンザ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/02/21 09:02 UTC 版)

ダビューク (ドック型輸送揚陸艦)」の記事における「新型インフルエンザ」の解説

2009年5月6日アメリカ海軍は、ダビューク乗組員1名が新型インフルエンザ(豚インフルエンザ)に感染していることが確認され他の50名の乗組員発熱症状訴えたため、同年6月1日から予定されていた同艦南太平洋への航海任務中止する発表した

※この「新型インフルエンザ」の解説は、「ダビューク (ドック型輸送揚陸艦)」の解説の一部です。
「新型インフルエンザ」を含む「ダビューク (ドック型輸送揚陸艦)」の記事については、「ダビューク (ドック型輸送揚陸艦)」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「新型インフルエンザ」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「新型インフルエンザ」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「新型インフルエンザ」の関連用語

新型インフルエンザのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



新型インフルエンザのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの新型インフルエンザ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのダビューク (ドック型輸送揚陸艦) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS