掻立てるとは?

かき‐た・てる【掻立・攪立】

〔他タ下一〕 [文]かきた・つ 〔他タ下二

① かきまわして、下の方にあるものをわき上がらせる。また、勢いよくかき混ぜる

教言卿記応永一五年(1408一二三日小便良薬法印賜之〈略〉かへりゆにかきたてて、朝とひると夕かたと、きこしめされ候へく候」

満韓ところどころ(1909)〈夏目漱石四九「馬の蹄に掻(カ)き立(タ)てられた軽い埃(ほこり)が」

弦楽器をひいて鳴らす。かき鳴らしてよい音を出す。

宇津保(970‐999頃)俊蔭「琴の音有るかぎりかきたてて遊ぶに」

苔の衣(1271頃)四「かきたて給ふばち音は」

灯心燃えているものなどをかき出して火の勢い強くする。かきおこす多くともしびの(しん)を出し明るくする場合用いられる。

平松家平家13C前)一「灯幽かに掻立て、親子三人念仏して居たる所に

強い刺激与えて、心の奥にひそんでいる感情をわき上がらせる。強く刺激する。そそる。

浄瑠璃桂川連理柵おはん長右衛門)(1776)下「じっとこたへて気を掻立(カキタ)てさへせねば」

巷談本牧亭(1964)〈安藤鶴夫晴れた日に自分だけがとり残されているようなさびしさかきたてられた」




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

掻立てるのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



掻立てるのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館

©2021 GRAS Group, Inc.RSS