批准とは?

批准

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/10/12 14:53 UTC 版)

批准(ひじゅん、: ratification)は、国家が条約に拘束されることに同意する手続きのひとつである。通常は議会の同意を得て元首等が裁可あるいは認証、公布等を行うことにより国内において成立し、多国間条約においては国際機関等の寄託者[1]に批准書を寄託すること等により、また、二国間条約においては締約国間で批准書を交換すること等により[2]、確定する[3]


  1. ^ 国内で「批准」を使用する例として、アメリカ合衆国憲法および州憲法の改正やインドの憲法改正が挙げられる。詳細はen: History of the United States Constitutionおよびen: Amendment of the Constitution of India参照。
  1. ^ 条約法に関するウィーン条約 (PDF) 第7部第76条、第77条
  2. ^ a b c 国会承認条約の締結手続 (PDF) 外務省
  3. ^ 条約法に関するウィーン条約 (PDF) 第2部第1節第16条
  4. ^ 条約法に関するウィーン条約 第1部第2条1(b)、第2部第1節第11条、第14条、第15条
  5. ^ 条約法に関するウィーン条約 第2部第1節第13条
  6. ^ Convention for the Protection of Human Rights and Fundamental Freedoms as amended by Protocols No. 11 and No. 14 Council of Europe
  7. ^ 欧州連合については加入を認めているが、その他の国については批准によらなければならないとされている(第59条)[6]
  8. ^ [1]
  9. ^ 条約の国会承認に関する制度・運用と国会における議論 ―条約締結に対する民主的統制の在り方とは― 、外交防衛委員会調査室(中内康夫)。
  10. ^ 2017年現在、「法律の定めるその他の外交文書」は、外務公務員法に規定された官吏の任免に関連する文書が該当するのみである。
  11. ^ Constitution of the United States | Article 2 Section 2” [アメリカ合衆国憲法 第2条第2項] (英語). アメリカ合衆国上院. 2019年4月13日閲覧。
  12. ^ a b c d e f g Treaties” [条約] (英語). アメリカ合衆国上院. 2019年4月13日閲覧。
  13. ^ 西川秀和 (早稲田大学社会科学総合学術院助手) (2005). “アイゼンハワー政権とブリッカー修正” (日本語). 早稲田大学大学院社学研論集 社学研論集. NAID 120002909809. http://www.american-presidents.info/aizehower.pdf 2019年4月13日閲覧。. 
  14. ^ U.S. Treaties & Agreements - The Process”. デューク大学ロースクール. 2019年4月13日閲覧。


「批准」の続きの解説一覧



品詞の分類

このページでは「ウィキペディア」から批准を検索した結果を表示しています。
Weblioに収録されているすべての辞書から批准を検索する場合は、下記のリンクをクリックしてください。
 全ての辞書から批准を検索

英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「批准」の関連用語

批准のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



批准のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの批准 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS