手旗信号/とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 情報 > 表示装置 > 信号 > 手旗信号/の意味・解説 

て ばたしんごう -がう [4] 【手旗信号】

手に持った赤・白の小旗一定の形を表して通信する信号

手旗信号

作者陳千武

収載図書台湾人元日本兵の手小説集『生きて帰る
出版社明石書店
刊行年月2008.7
シリーズ名台湾研究叢書


手旗信号

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/12/18 20:50 UTC 版)

手旗信号(てばたしんごう、: Flag semaphore)は、手旗を使い、望遠鏡双眼鏡で見える可視範囲で遠方への通信を行う手段。その成り立ちから、おもに海上で用いられる。


  1. ^ 福岡海洋少年団の手旗信号紹介ページ
  2. ^ 横浜海洋少年団の手旗信号紹介ページ
  3. ^ a b c d e 三谷末治、古藤泰美、2000、『旗と船舶通信 五訂版』、成山堂書店
  4. ^ 自衛隊愛媛地方協力本部
  5. ^ 海上自衛隊護衛艦と海上保安庁練習船のエール交換で、2013年に海上自衛隊護衛艦あけぼのと海上保安庁練習船こじまが発光信号と手旗信号で更新したことがtwitterで公開されている。
  6. ^ 日本海洋少年団第48回全国大会報告ページなどで手旗受信・送受信競技が行われたことが記載されている。


「手旗信号」の続きの解説一覧



手旗信号/と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「手旗信号/」の関連用語

手旗信号/のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



手旗信号/のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの手旗信号 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS