愛国の血潮とは?

Weblio 辞書 > 趣味 > 映画情報 > 愛国の血潮の意味・解説 

愛国の血潮

原題:The Things We Love
製作国:アメリカ
製作年:1918
配給:
スタッフ
監督:Lou Tellegen ルー・テリジェン
原作:Harvey Thew ハーヴェイ・シュウ
キャスト(役名
Wallace Reid ウォーレス・リード (Rodney Sheridan
Kathlyn Williams キャスリン・ウィリアムス (Margaret Tremond)
解説
人気者ウォーレス・リード主役として戦争中作られた戦争余話で、相手役最近では「愛の岐れ路」に出演した腕利きキャスリン・ウィリアムス、ジョラルディン・フェァラーの夫君たり、かつ気品ある名優たるルー・テリジェン監督になった映画である。原作ハーヴェイ・シュウ
ストーリー※ストーリーの結末まで記載されていますので、ご注意ください
トレモント大鉄工場主たるマーガレット大戦が起こると同時に工場国家のために砲弾製造工場と変じ、米国参戦するにおよんでそれを国用に供した。しかるにその社長たるケンウッド密かに敵国スパイ共謀し該工場爆発させようとした。マーガレット婚約あるここの副社長ロドネー社長態度について彼女と意見異に婚約取り消し会社も退いて工夫に身をやつし見事ケンウッド独探陰謀探知工場爆発未然防ぎ、彼女との間にも前に増し愛情復活し得たのである


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「愛国の血潮」の関連用語

愛国の血潮のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



愛国の血潮のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社

©2019 Weblio RSS