山茶花とは?

Weblio 辞書 > 生物 > 植物図鑑 > 山茶花の意味・解説 

さざんか (山茶花)

Camellia sasanqua

Camellia sasanqua

Camellia sasanqua

Camellia sasanqua

Camellia sasanqua

Camellia sasanqua

Camellia sasanqua

Camellia sasanqua

Camellia sasanqua

わが国特産種です。四国西南部から九州沖縄分布しています。「つばき」の仲間ですが、「つばき」が春咲くのに対して、「さざんか」は秋から初冬にかけて咲きます。花弁一枚いちまい散るのが特徴です。樹皮灰褐色滑らかです。楕円形の厚く光沢があり、互生します。縁には短い鋸歯あります。「つばき」と同様に古くから栽培され、多く園芸品種あります写真中2園芸品種の「笑顔cv. Egao)」。
ツバキ科ツバキ属常緑小高木で、学名Camellia sasanqua。英名は Camellia
ツバキのほかの用語一覧
ツバキ:  姫山茶花  室町椿  寒椿  山茶花  椿  海棠椿  茶の木

このページでは「植物図鑑」から山茶花を検索した結果を表示しています。
Weblioに収録されているすべての辞書から山茶花を検索する場合は、下記のリンクをクリックしてください。
 全ての辞書から山茶花を検索

英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「山茶花」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



山茶花のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ボタニックガーデンボタニックガーデン
Copyright 2001-2019 shu(^^). All rights reserved.

©2019 Weblio RSS