女王蜂 (横溝正史)とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 女王蜂 (横溝正史)の意味・解説 

女王蜂 (横溝正史)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/02/15 22:52 UTC 版)

女王蜂』(じょおうばち)は、横溝正史の長編推理小説[1]。「金田一耕助シリーズ」の一つ。雑誌『キング』に連載され(1951年6月号~1952年5月号)、1952年講談社から『傑作長篇小説全集』第14として刊行。




  1. ^ 1931年(昭和6年)に雑誌『文学時代』に発表された本作と同名の短編があり、角川文庫版『殺人暦』に収録されているが、中島河太郎による同書の解説では、内容は本作とは特に関連がなく、他にも『仮面舞踏会』、『迷路の花嫁』といった作品など、同名で内容が異なる短編と長編が存在する例が挙げられている。
  2. ^ ただし、自選は7位までで8位以下は文庫本の売れ行き順であり、「(8位以下の作品を)ベスト10に入れるとなると躊躇せざるをえない」とも記している(『真説 金田一耕助』(横溝正史著・角川文庫、1979年)の「わたしのベスト10」参照)。
  3. ^ 犬神家の一族』『悪魔の手毬唄』『獄門島』の3作。


「女王蜂 (横溝正史)」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「女王蜂 (横溝正史)」の関連用語

女王蜂 (横溝正史)のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



女王蜂 (横溝正史)のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの女王蜂 (横溝正史) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS