太陽と月とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 物語事典 > 太陽と月の意味・解説 

太陽と月

★1.太陽と月の近親婚

太陽と月北米エスキモー神話太陽美し女性で、月は彼女の兄弟だった。毎夜太陽のもとへ、正体不明1人の男が通って来た。ある朝太陽は、謎の男が兄弟の月であることを知る。太陽自分乳房ナイフで切り取って月に投げつけ、「私の全身美味しいと思うのなら、これを食べなさい」と言う太陽逃げ去り、月は後を追う太陽も月も空へ上がり、そこにとどまった。

*太陽と月の交合→〔月食〕3。

★2.太陽と月の離婚

太陽と月の話ペルー神話最初の頃、太陽は夫、月は妻で、一緒に輝いて地上を照らしていた。そのうち月は、人間たちを眺め怒り出した。「人間智恵与えられていながら、それを悪用して、悪いことばかりしている。1人残らず殺し、滅ぼしてしまおう」。太陽は月を叱りつけた。「お前のような情なしは、夜の世界追放だ。暗ければ人間の姿もよく見えないから、腹も立つまい」。こうして月は、夜の世界でだけ光るようになった

月と太陽離別中国民話太陽が父、月が母で、星々が彼らの子供だった。太陽残忍性格で、朝早く家を出た子や、夕方遅く帰って来た子を食べた。子供たち流した血が、朝焼け夕焼けである。月は悲しんで泣き、涙が朝露夜露になった。月は子供たち連れて太陽別れた。それ以来、月はいつも星々一緒にいるが、太陽はひとりぼっちだ(浙江省)。

★3a.太陽と月は姉弟であるが、昼と夜別れて住むことにした。

日本書紀巻1・第5段一書11 日神であるアマテラスは姉、月神であるツクヨミは弟だった。ある時、ツクヨミウケモチノカミ殺した(*→〔口〕5a)。アマテラスはそのことで激しく怒り、「ツクヨミとは会いたくない」と言ったアマテラスツクヨミと、1日1夜を隔てて住んだ。

★3b.太陽が月を、泥の中へ落とした。

ウェレの神話コッテル世界神話辞典アフリカ至高神ウェレが天を創造し、月と太陽を置いた。しかし、この光り輝く兄弟互いに戦った。最初は月が太陽を、天空から叩き出した。次に太陽が月を泥の中へ投げ落とし、月の燦然たる輝きをなくしてしまった。ウェレは兄弟分け、輝く太陽は昼に、青白い月は夜に属するように定めた(東アフリカケニアのアバルイヤ人)。

月と不死ネフスキー)「月と不死太古、月(=妻)の光は、日(=夫)の光よりも、はるかに強く明るかった。日は月を羨望し憎んで地上突き落とし、月は泥濘中に落ち全身汚れてしまった。そこへ、水桶を運ぶ農夫通りかかり、月を泥から救い出して、で洗ってやる。月は再び空へ昇って世界を照らそうとするが、かつての明る輝きは失われていた(沖縄県宮古群島多良間島)。

★3c.思わぬ事故のために、太陽と月が離れ離れになった。

『天びん棒でかついだ日と月』沖縄の民話) 昔、天の神様は、日と月を天びん棒にぶら下げ出歩いていた。ある日、何かのはずみで、天びん棒が2つに折れ、その力で、日と月が別々の方向飛んで行ってしまった。神様は、別れ別れになった日と月のことを悲しんで泣く。その涙が流れて川になった。これが、北部本部(もとぶ)町にある涙川だ。

★4.月と太陽入れ替わる

月と太陽伝説 太陽は、本来は夜の月になるはずで、月は、本来は昼の太陽になるはずだった。夜、太陽と月が寝ていて、「どちらかの腹の上にシヤカナローの花が咲いたら、その者が昼の太陽になり、咲かなかった者は夜の月になろう」と約束した。花は月の腹の上に咲いたので、太陽はこっそり自分の腹に植え替えた。それで太陽は昼に、月は夜に出るようになった太陽悪いことをしたので、これをまともに見ることはできない。月はいくらでも見ることができる(鹿児島県大島郡喜界町)。

*→〔夢の売買〕2の『遠野物語』(柳田国男)2と共通する発想

*昔は、兄の月が昼に、妹の太陽夜に出ていた→〔光〕6bの太陽の光が目を刺すわけ(アルメニア民話)。

★5.月は、もとは太陽だった。

太陽と月の誕生アフリカコンゴ地方・ボミタバ族の神話大昔太陽が2つあり、人々暑さ苦しんだ。それを知った一方太陽が、仲間太陽水浴誘い川へ飛び込むふりをする仲間太陽真に受けて、本当に川へ飛び込んだので、水の中で炎が消えた以来、空の太陽1つだけになった。川から上がってきた仲間は、すっかり冷えていた。それが現在の月である。

太陽射る台湾高山族=旧・高砂族神話) 昔、天には月がなく、太陽だけだった。太陽昇る眩しい光ばかり、沈むと真っ暗闇だった。太陽を矢で射て2つに割ろうと、3人の若者が、それぞれの赤ん坊背負って出発する。太陽の出る山までは遠く、3人とも年老い死に赤ん坊成長して旅を続ける。彼ら(=息子たち)はついに太陽を2つに割ることに成功するが、1人火傷して死に2人白髪老人となってへ帰った。彼らのおかげで、昼は太陽が、夜は月が出るようになったのだ。

雷公を捕らえる中国トン族神話大洪水の後(*→〔洪水1b)、12太陽が出て、地上を乾かした。太陽は昼も夜も照らし続け、あまりの暑さに、姜良(チャンリャン)が弓で太陽次々射落とす。妹の姜妹(チャンメイ)が「1つは残しましょうと言うので、姜良は射るのをやめ、太陽1つだけ残した。しかし実はもう1つ小さな太陽の下に隠れていた。それは月になった。

★6.太陽と月を、左右の袂に入れる夢。

曽我物語巻2「時政が女の事」 北条時政に3人の娘がいた。ある夜次女である19歳の娘が、「高い峰に登って月と日を左右の袂におさめ、の3つなったをかざす」との夢を見た。これはたいへんな吉夢であったが、次女はそれと悟らず、21歳の長女(=政子)に夢の内容を語って、その意味を尋ねた→〔夢の売買〕1。

曽我物語巻2「盛長夢見の事」 源頼朝仕え藤九郎盛長が、宿直(とのゐ)の夜に夢を見た。「頼朝箱根参詣し、左足外の浜(=青森県津軽半島浜辺)を踏み右足鬼界が島(=鹿児島県硫黄島)を踏む。左右の袂には月と日を宿し、小松3本を頭にいただいて南へ歩む」という夢だった。藤九郎盛長は「これは神仏お知らせ吉夢」と考え頼朝報告した〔*延慶本『平家物語4-38兵衛佐伊豆山籠る事」に類話〕。

*「左右の袂に月と日を入れる」というのは、→〔十字架〕3の『黄金伝説143「聖フランキスクスフランチェスコ)」の、「十字架左右の腕が全世界抱きかかえる」との夢を連想させる。

★7.太陽を胸に、月を足の下にする夢。

『かげろふ日記下巻天禄3年2月 私(藤原道綱母)のもとへ、石山寺法師から「『貴女様が御袖に月と日とを受け、月を足下踏み、日を胸に当て抱き給う』との夢を見ました。夢解き御尋ね下さいと言って寄こした。これは、「帝を思いのままにし、望みどおりの政治をする」という吉夢だった。

ヨハネの黙示録12章 「わたし(ヨハネ)」は神に導かれて世界終末に起こる出来事を天に幻視する。1人の女が身に太陽をまとい、月を足の下にし、頭に12の星の冠をかぶっている。女は、すべての国民を治めるべき運命男児を産む。7頭の龍が男児を食おうとねらうが、男児は神の玉座引き上げられ、女は荒れ野避難する。

★8.太陽と月が輝くが、自分はその光にあたらない、との夢。

源氏物語若菜上 明石の入道は、娘・明石の君生まれる少し前の2月某日霊夢見た。それは「自分右手須弥山しゅみせん)を捧げ、山の左と右から、月と日の光がさし出ている。自分自身は山の下の蔭にいて、光にあたらない。山を海に浮かべ、自分小舟を漕いで西へ行く」というものだった入道はこの夢に期待をかけ、明石の君養育した〔*明石の君光源氏結婚して姫君を産む。姫君東宮妃となって皇子を産む。明石の入道曾孫が、次代の帝になるのである〕。

★9.太陽と月の夢を見て、子を産む。

捜神記10-2通巻252話) 孫堅夫人呉氏は、月が懐に入った夢を見て策を産み、日が懐に入った夢を見てを産んだ。

★10.太陽も月もイエス・キリストが作った。

天体で遊ぶイエスブルガリア民話この世のはじめ。イエス・キリストはまだ幼く、神さまの服のはじっこを持って、ついて歩いていた。神さまが「1人遊びなさい」と言ったので、イエス大地粘土をこねて、たくさんのボール作り空へ投げ上げる。神さまボール祝福与えると、ボール太陽や月や星になった。次にイエス両手に土をつかんで投げ、それらは小さな小さな星になった。これが天の川だ。

★11.太陽も月も恐ろしい存在

七羽のからすグリムKHM25 7人の兄を捜して、末娘世界の果てまで歩いて行く。お日さまのお膝もとへたどり着いたが、お日さまはとても熱く、しかも、小さな子供たちむしゃむしゃ食べていた。娘はそこから逃げて、お月さま所へ行く。お月さまはとても冷たく、娘に気づくと、「くさいぞ、人間の肉くさいぞ」と言った〔*娘は逃げて、お星さまたちの所へ行く〕→〔指〕6a

★12.太陽神月神海神の引越し

『エシュ神の悪戯アフリカ昔話太陽の神オールン、月の神オシュ海の神オロクンは、それぞれの住まいを持っていた。ある日、エシュ神が、太陽の神オールンを海の神の家に、海の神オロクンを月の神の家に、月の神オシュ太陽の神の家に、引越しさせる。その結果太陽の神が夜に現れ、月の神が昼間出歩き、海の神が陸へ上がるなど、混乱が起こった。ショポナ神がほうきでエシュ神を打ち、罰した(ナイジェリアヨルバ人)→〔傷あと10

月と太陽戦争をする→〔月〕1aの『ほらふき男爵冒険』(ビュルガー)「海の冒険」第10話・『本当の話』(ルキアノス)。




このページでは「物語要素事典」から太陽と月を検索した結果を表示しています。
Weblioに収録されているすべての辞書から太陽と月を検索する場合は、下記のリンクをクリックしてください。
 全ての辞書から太陽と月を検索

英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「太陽と月」の関連用語

太陽と月のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



太陽と月のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
物語要素事典物語要素事典
Copyright (C) 2021 物語要素事典 All rights reserved.

©2021 Weblio RSS