大倉てる子とは?

大倉てる子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/01/28 06:17 UTC 版)

大倉 燁子[1](おおくら てるこ、1886年4月12日 - 1960年7月18日)は東京府東京市本郷区弓町(現・東京都文京区本郷)出身の小説家[2]


  1. ^ 」/ 数値文字参照:[燁]
  2. ^ 大倉燁子日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」コトバンク 2018年7月9日閲覧
  3. ^ 大倉よりも以前に探偵小説の創作を行っていた女性作家としては、松本恵子(第1作は『秘密探偵雑誌』1923年8月号掲載の「皮剥獄門」、「中野圭介」名義)、一条栄子(第1作は『映画と探偵』1925年12月号掲載の「丘の家」、「小流智尼」名義)らが知られており、大倉は厳密には「日本初の女流探偵小説家」ではない。


「大倉てる子」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

大倉てる子のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



大倉てる子のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの大倉てる子 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS