夜の素顔とは?

夜の素顔

原題:
製作国:日本
製作年:1958
配給:
スタッフ
監督:吉村公三郎 ヨシムラコウザブロウ
製作:永田雅一 ナガタマサイチ
脚本:新藤兼人 シンドウカネト
企画:原田光夫 ハラダミツオ
撮影:中川芳久 ナカガワヨシヒサ
音楽:池野成 
美術:間野重雄 カンノシゲオ
録音:橋本国雄 ハシモトクニオ
照明:泉正蔵 
キャスト(役名
京マチ子 キョウマチコ (実)
若尾文子 ワカオアヤコ (比佐子)
細川ちか子 ホソカワチカコ (志乃
根上淳 ネガミジュン (若林
菅原謙二 スガワラケンジ (雨宮
柳永二郎 ヤナギエイジロウ (猪倉
坂東簑助 バンドウミノスケ (中村十次郎
小川虎之助 オガワトラノスケ (高梨
船越英二 フナコシエイジ (成瀬
浪花千栄子 ナニワチエコ (絹江)
小野道子 オノミチコ (くに
仁木多鶴子 ニキタヅコ (筆子)
町田博子 マチダヒロコ (ゆき)
滝花久子 タキバナヒサコ (門づけの女)
伊東光一 イトウコウイチ (記者A)
杉田康 スギタコウ (記者B)
尾上栄五郎 オノエエイゴロウ (家元
石井竜一 イシイリュウイチ (運転手三郎
星ひかる ホシヒカル (番頭
穂高のり子 ホダカノリコ (成瀬の妻A)
八潮悠子 ヤシオユウコ (成瀬の妻B)
守田学 モリタマナブ (運転手
南左斗子 ミナミサトコ (パン助
市田ひろみ イチダヒロミ (パン助
立花宮子 タチバナミヤコ (実の弟子
清水谷薫 シミズダニカオル (実の弟子
如月敏子 キサラギトシコ (実の弟子
明石百合子 アカシユリコ (実の弟子
奈良ひろみ ナラヒロミ (実の弟子
原真理子 ハラマリコ (実の弟子
木村るり子 キムラルリコ (実の弟子
解説
不敵な男」の新義人オリジナル・シナリオを、「一粒の麦」の吉村公三郎監督したもので、自己の野望のため権謀術数弄して舞踊界の花形になった一人の女の半生と、それを追いそうとする若い弟子葛藤を描いたドラマ撮影は「一粒の麦」の中川芳久。「赤線の灯は消えず」の京マチ子、「一粒の麦」の若尾文子をはじめ、根上淳菅原謙二細川ちか子小野道子坂東簑助らが出演する。
ストーリー※ストーリーの結末まで記載されていますので、ご注意ください
一九四二年、南方航空基地空襲下、軍慰問踊子実と、慰問士官若林中尉ジャングル奥深い防空壕の中で結ばれた。--一九四八年、東京引揚げて来た実は、小村流の家元小村志乃弟子入りした。やがて六年後--実は、志乃歌舞伎俳優中村十次郎踊りたいという念願利用することより、自分飛躍を図った。修善寺温泉十次郎に逢い色仕掛けで彼を説きふせた。発表会結果志乃老醜古色蒼然と叩かれたの反し実は新鮮溌溂絶賛された。実は、志乃パトロン猪倉誘惑し、彼の陰流創立した。舞踊研究所落成披露に贈られた花輪一つに眼を止め実は、動揺した。若林の名があったのだ。安ホテルに彼をたずね、二人抱擁にひたった。やがて、実と若林結婚した。そして、封建的家元制度反逆という歌い文句で、師匠と弟子の関係を、教師生徒に置きかえ、月謝制度公演という手に替えて、全国公演して歩いた。しかし、仕事成功比例するように、借金がかさんだ。実の家まで、担保入れる始末だった。やがて、実は日本舞踊同盟結成、彼女の勢力舞踊界から抜くことのできぬ強固なものになった。が、実の地位を狙うものがあった。内弟子の比佐子である。比佐子は若林と結ばれていた。その現場見られ若林は、実の許から去って行った。そして、比佐子と舞踊研究所始め準備を、蔭で進行させていた。実は、バレー盛りこんだ舞踊劇日本の夜明け」を公演することに成功した。その初日実は舞台で突然倒れた。間もなく楽屋彼女は息をひきとった。比佐子は記者たちに、「わたくしが立派あとをついで参ります」と昂然と言った



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「夜の素顔」の関連用語

夜の素顔のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



夜の素顔のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社

©2019 Weblio RSS