外構・エクステリアの補修サイクルとは?

Weblio 辞書 > 建築・不動産 > 住宅用語 > 外構・エクステリアの補修サイクルの意味・解説 

外構・エクステリアの補修サイクル

外構エクステリア部分経年変化影響を受けやすいため、3年5年ごとに補修塗り替え行い劣化破損状態が著しくなったら、早めに取り替える必要がある。 ●濡れ縁木製濡れ縁3年5年ごとに塗り替え行い5年7年ごとに腐朽破損部分補修する。また10年15年頃を目安全体取り替えるといいだろう。対して塩化ビニル製の濡れ縁場合は、10年ごとに部分補修行い20年25年頃を目安にして全体取り替えることになる。 ●ベランダ・バルコニー/腐食腐朽、(外壁屋根への)取付け部分のゆるみなどを小まめチェックし、3年5年ごとに塗り替え実施5年10年ごとに取付け部分補修を行う。また塗装品の場合13年15年頃、軽金属製の場合25年30年頃を目安に、全体取り替える必要がある。 ●門扉ベランダバルコニー同様に腐食腐朽、ぐらつきなどを小まめチェックし、3年5年ごとに塗り替えを行う。また木製場合10年頃、金属性のバイア20年25年頃を目安に、全体取り替える必要がある。その他、支柱(門柱)のぐらつきが大き場合には、早期基礎固め取り替えを行うといいだろう。 ●外塀日常的腐食汚れ破損、ぐらつきをチェックして、その都度補修を行う。また3年5年ごとに塗り替えを行う必要がある。さらに木製場合10年15年頃、金属性の場合20年25年頃、ブロック場合25年30年頃を目安にして、全体取り替えるといいだろう。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

外構・エクステリアの補修サイクルのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



外構・エクステリアの補修サイクルのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
SUUMO(スーモ)SUUMO(スーモ)
COPYRIGHT 2019 RECRUIT CO.,LTD
リクルート SUUMO(スーモ)住宅用語大辞典

©2019 Weblio RSS