増築・改築工事とは?

Weblio 辞書 > 建築・不動産 > 住宅用語 > 増築・改築工事の意味・解説 

増築・改築工事

まず「増築工事」は、建築物床面積増加させる工事のことをいう。同一棟で行っても、別棟で行っても、建築基準法上は増築工事である。対して、火災などで滅失した建築物施主都合除去した建築物を、以前用途居住用など)、規模構造それほど変わらない建築物として建て直すことを「改築工事」と呼んでいる。一般に防火準防火地域以外の地域に建っている建築物で、増・改築工事床面積合計が10m2以内場合には、建築確認申請不要である。一方防火地域準防火地域内の建築物増・改築工事を行う場合には、床面積広さ関わらず建築確認申請が必要だ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「増築・改築工事」の関連用語

増築・改築工事のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



増築・改築工事のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
SUUMO(スーモ)SUUMO(スーモ)
COPYRIGHT 2019 RECRUIT CO.,LTD
リクルート SUUMO(スーモ)住宅用語大辞典

©2019 Weblio RSS