坪井杜国とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 文化 > 和歌 > 俳人 > 坪井杜国の意味・解説 

つぼいとこく つぼゐ- 【坪井杜国】 ○

?~1690江戸前期の俳人尾張の人。芭蕉弟子米穀商。のち空米売買の罪で追放される。芭蕉笈の小文」の旅に同行

坪井杜国

つぼいとこく

(~元禄3年(1690)2月20日

本名坪井庄兵衛名古屋蕉門有力者芭蕉が特に目を掛け門人一人真偽のほど不明だが師弟間に男色説がある)。杜国名古屋御薗町町代富裕米穀商であったが、倉に実物がないのにいかにも有るように見せかけて米を売買する空米売買詐欺罪延べ取引きといった)に問われ、貞亨2年8月19日領国追放の身となって畠(現愛知県渥美郡 田原市福江町)に流刑となり、以後晩年まで三河の国保美(<ほび>渥美半島南端)に隠棲した。もっとも監視もない流刑の身のこと、南彦左衛門俳号野人または野仁と称して芭蕉とともに笈の小文』の旅を続けたりもしていた。
一説によると、杜国死罪になったが、この前に蓬莱御国のかざり桧木山」という尾張藩讃仰する句を作ったことを、第二尾張藩主徳川光友が記憶していて、罪一等減じて領国追放になったという。
元禄3年2月20日34歳の若さ死去
愛知県渥美郡田原市福江隣江山潮音寺住職宮本利寛師)に墓があるという。

坪井杜国
潮音寺境内にある杜国の墓。誰が供えたのか菊の花牛久市森田武さん撮影

杜国の代表作

朝月夜紙干板に明そめて

つゝみかねて月とり落す霽かな(『冬の日』)

曙の人顔牡丹霞にひらきけり(『春の日』)

足跡に櫻を曲る庵二つ(『春の日』)

馬はぬれ牛ハ夕日の村しぐれ(『春の日』)

この比の氷ふみわる名残かな(『春の日』)

吉野いでて布子売りたしころもがへ(『笈の小文』)

麥畑の人見るはるの塘かな(『あら野』)

霜の朝せんだんの實のこぼれけり(『あら野』)

八重がすみ奥迄見たる竜田哉(『あら野』)

芳野出て布子賣おし更衣(『あら野』)

散花にたぶさ恥けり奥の院(『あら野』)

こがらしの落葉にやぶる小ゆび哉(『あら野』)

木履はく僧も有けり雨の花(『あら野』)

似合しきけしの一重や須广の里(『猿蓑』)


坪井杜国

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/06/15 14:43 UTC 版)

坪井 杜国(つぼい とこく、生年不詳 - 元禄3年3月20日1690年4月28日[1])は、尾張国俳人。庄兵衛・万菊丸・岩菊丸とも称した[2]。屋号は壺屋[2]。俳号として野人[2]


[ヘルプ]


「坪井杜国」の続きの解説一覧





坪井杜国と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「坪井杜国」の関連用語

坪井杜国のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



坪井杜国のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2018 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
芭蕉DB芭蕉DB
Copyright (C) 2018 芭蕉DB All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの坪井杜国 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS