地球フライバイアノマリーとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 自然科学 > 物理学 > アノマリー > 地球フライバイアノマリーの意味・解説 

地球フライバイ・アノマリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2023/07/28 06:43 UTC 版)

地球フライバイ・アノマリー(ちきゅうフライバイ・アノマリー、Earth flyby anomaly)または地球フライバイ異常(ちきゅうフライバイいじょう)は、太陽を巡る人工天体が地球のそばを通過(フライバイ)して軌道を変更するとき、その速度が理論予測と有意に食い違う原因不明の現象をいう。 1990年以降、いくつかの太陽系探査機において観察されている[2]。 単にフライバイ・アノマリーフライバイ異常とも表される。 既知の物理現象のみならず未知の物理事象、単なるソフトウェアの誤りである可能性まで、その原因について天文学者だけでなくコンピュータ業界を巻き込むぐらいに幅広く議論をよんでいる。


  1. ^ Anderson, John D. and Michael Martin Nieto (2010). "Astrometric Solar-System Anomalies". In Klioner, Sergei A.; P. Kenneth Seidelmann; Michael H. Soffel (eds.). Relativity in Fundamental Astronomy (IAU S261): Dynamics, Reference Frames, and Data. Cambridge University Press. ISBN 978-0-521-76481-0 (arXiv: 0907.2469).
  2. ^ a b c Chown, Marcus (2008-09-20). “Do fly-by anomalies reveal new physics at work?”. New Scientist (2674): 38–41. http://www.newscientist.com/article/mg19926741.800-do-flyby-anomalies-reveal-new-physics-at-work.html?full=true. 
  3. ^ a b c Anderson, John D.; James K. Campbell, et al. (2008). “Anomalous orbital-energy changes observed during spacecraft flybys of Earth”. Physical Review Letters 100: 091102. doi:10.1103/PhysRevLett.100.091102. 
  4. ^ a b Mystery remains: Rosetta fails to observe swingby anomaly”. Rosetta Blog. ESA (2009年11月23日). 2010年5月20日閲覧。
  5. ^ a b c Thompson, Paul F.; Abrahamson, Matthew; Ardalan, Shadan; Bordi, John (24 January 2014). Reconstruction of Earth flyby by the Juno spacecraft. 24th AAS/AIAA Space Flight Mechanics Meeting. AAS 14-435。
  6. ^ a b c Antreasian, Peter G.; Guinn, Joseph R. Investigations into the Unexpected Delta-V Increases During the Earth Gravity Assists of Galileo and Near. AIAA/AAS Astrodynamics Specialist Conference and Exhibit (Boston, 10–12, Aug. 1998). paper no. 98-4287.
  7. ^ a b c d Anderson, John D.; James K. Campbell, Michael Martin Nieto (2007). “The energy transfer process in planetary flybys”. New Astronomy 12: 383–397. doi:10.1016/j.newast.2006.11.004.  (arXiv: astro-ph/0608087)
  8. ^ Morley, T.; Budnik, F. (2006). "Rosetta navigation at its first Earth swing-by" (PDF). Proceedings of the International Symposium on Space Technology and Science. 25. pp.593–598.
  9. ^ a b Lämmerzahl, C.; Preuss, O.; Dittus, H. (2006). "Is the physics within the solar system really understood?". Proceedings of the 359th WE-Heraeus Seminar on “Lasers, Clocks, and Drag-Free: Technologies for Future Exploration in Space and Tests of Gravity”. (arXiv: gr-qc/0604052)
  10. ^ Mashhoon, Bahram (2002). “Modification of the Doppler effect due to the helicity-rotation coupling”. Physics Letters A 306: 66–72. doi:10.1016/S0375-9601(02)01537-2.  (arXiv: gr-qc/0209079v2)
  11. ^ Iorio, Lorenzo (2009). “The effect of general relativity on hyperbolic orbits and its application to the flyby anomaly”. Scholarly Research Exchange 2009: ID 807695. doi:10.3814/2009/807695.  (arXiv: 0811.3924)
  12. ^ Adler, Stephen L. (2009). “Can the flyby anomaly be attributed to earth-bound dark matter?”. Physical Review D 79: 023505. doi:10.1103/PhysRevD.79.023505.  (arXiv: 0805.2895)
  13. ^ McCulloch, M.E. (2008). “Modelling the flyby anomalies using a modification of inertia”. Monthly Notices of the Royal Astronomical Society: Letters 389 (1): L57–L60. doi:10.1111/j.1745-3933.2008.00523.x.  (arXiv: 0806:4159)
  14. ^ Alexander, Amir (2008年2月28日). “Planetary News: 2008 — Researchers investigate new cosmic mystery: The flyby anomaly”. The Planetary Society. 2009年11月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2009年1月26日閲覧。
  15. ^ 探査機の軌道を、それと接する双曲線軌道に当てはめたとき、漸近的な進入・離脱赤緯をそれぞれ δi, δo とすると、この式は ΔV / V = K (cos δi − cos δo) と表される。 ただし左辺は双曲線無限遠点速度 (hyperbolic excess velocity) で表したアノマリーの割合である。 比例係数 K は、K ≈ 3.099 × 10−6 で、これは地球の自転角速度 ω と赤道半径 R とを用いて、 K = 2 ω R / c と表されるとされる。 ただし、c は光速度。
  16. ^ Mbelek, Jean Paul (2008). “Special relativity may account for the spacecraft flyby anomalies”. (preprint).  (arXiv: 0809.1888)


「地球フライバイ・アノマリー」の続きの解説一覧




地球フライバイアノマリーと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

地球フライバイアノマリーのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



地球フライバイアノマリーのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの地球フライバイ・アノマリー (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2024 GRAS Group, Inc.RSS