土練機とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 表現 > 土練 > 土練機の意味・解説 

土練機(どれんき)

大正時代に入ってから1920年代機械式の土練機が日本でも広く使われるようになった最初にわが国で土練機が使われたのは、1872年で、フランス人アルフレッド・ジェラール横浜元町わが国ではじめての土練機や製瓦機を使った近代設備を持った製瓦工場を作ったことから始まる。わが国一般の瓦業者近代設備導入するのは、ジェラールに遅れること50年経ってからである。
現在では真空土練機が使われている。足で練ったと同様な効果を出すよう、軸の羽の回転合わせ縦横回転併用して、さらにラミネーション(一方回転にともなううねり波層)の解消のため、二重ドラムの間に粘土通して送り出すような機構になっている




土練機と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「土練機」の関連用語

土練機のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



土練機のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
愛知県陶器瓦工業組合愛知県陶器瓦工業組合
Copyright (C) 2019 愛知県陶器瓦工業組合 All rights reserved.
陶芸三昧陶芸三昧
Copyright 2019 TOUGEIZANMAI All rights reserved.
陶芸三昧陶芸用語辞典

©2019 Weblio RSS