右巻きWボソンとは?

Weblio 辞書 > 学問 > 素粒子事典 > 右巻きWボソンの意味・解説 

右巻きWボソン

記号電荷質量スピンパリティ寿命分類
WR-1,+1不明1 不明ゲージボソン
★記号★

未発見。Wボゾンフェルミオン左巻きスピン持っている成分(あるいは 反フェルミオン右巻きスピン成分)にしか反応しない。これがパリティ保存原因となっているのだが、自然法則左右非対称になっているのはもっともらしくない、 という考えもある。そこで考え出されたのが右巻きフェルミオン成分反応する 右巻きボゾンである。実験的存在兆候がないことから、あってもかなり 質量が重いものと見られる

W'ボソンとZ'ボソン

(右巻きWボソン から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2012/10/05 13:38 UTC 版)

W'ボソンとZ'ボソンは、素粒子物理学における仮想上のゲージ粒子である。弱アイソスピンを右巻きに拡張することで、W'ボソンとZ'ボソンは標準模型の右巻きフェルミオンに結合することができる。この名前は、標準模型のWボソンとZボソンに類するものとして命名された。




  1. ^ A. Abulencia et al. (CDF collaboration) (2006). “Search for Z' → e+e using dielectron mass and angular distribution”. Physical Review Letters 96: 211801. doi:10.1103/PhysRevLett.96.211801. arXiv:hep-ex/0602045. 


「W'ボソンとZ'ボソン」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

右巻きWボソンのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



右巻きWボソンのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
素粒子事典素粒子事典
(C) Copyright 2019 Sadaharu UEHARA and Junpei SHIRAI
この記事は、「素粒子事典」の2006年8月3日版を転載しております。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのW'ボソンとZ'ボソン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS