取り替とは?

とり‐かわせ ‥かはせ 【取交・取替】

〔名〕 =とりかわし(取交)

滑稽本続々膝栗毛(1831‐36)二「おたがひに書たものでなくては後日証拠にならぬとあって、とりかはせ一札のつもり」


とり‐かえ ‥かへ 【取替・取換】

〔名〕

① (「とりがえ」とも) 代わりとなるもの。ひかえ。身がわり

源氏100114頃)竹河「せめて人の御恨みふかくはと、とりかへありて思すこの御参りを」

とりかえること。交換

開化問答(1874‐75)〈小川為治〉初「世のひらけはじめの交易は、いはゆる物と物との取替(トリカ)へにて」

代わりの品にみられるような、元の品と多少異なっている点。ほんの少しのちがい。

源平盛衰記14C前)二三汝が旗の余(あまり)にとりかへもなく似たるに」

金銭立て替えること。金銭一時用立てること。また、その金銭

鵤荘引付享祿二年(1529)「会米参石分法徳取替間、代米三石落居之」




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「取り替」の関連用語

取り替のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



取り替のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館

©2022 GRAS Group, Inc.RSS