単元未満株とは?

Weblio 辞書 > ビジネス > 新語時事用語辞典 > 単元未満株の意味・解説 

単元未満株

読み方:たんげんみまんかぶ

株式市場において、1回の取引きに必要な数に満たない株式のこと。単元株を満たさない株式のこと。株式分割が行われた際などに発生することが多い。

単元株が1,000場合、1から999までが単元未満株となる。なお、単元株が1場合、単元未満株は存在しない

単元未満株は、単元株制度により議決権行使認められていない

単元未満株式

読み方:たんげんみまんかぶしき
別名:単元未満株

1単元数に満たない株式のこと。

単元未満株式は、株式分割新株予約権付社債権利行使などで発生する。例えば、株式分割により1が1.5になった場合保有している100150増える。1単元100なら、50が単元未満株式になる。

単元未満株式は証券会社、あるいは、発行会社通じて売却することができる。

単元株

(単元未満株 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/07/24 07:22 UTC 版)

単元株(たんげんかぶ)とは、会社法上の法律用語で、株主総会での議決権行使や株式売買を円滑にするために必要な一定数(一単元)の量の株式数をいう(会社法第188条)。株式発行企業は最低売買単位である単元を自由に設定できるが、1,000及び発行済株式総数の1/200のうち小さい方に当たる数が1単元の上限と定められている[1]会社法施行規則第34条)。日本の上場内国株式は100株[2]。また、単元株式数に満たない株式のことを単元未満株式という(会社法189条)。


  1. ^ 「単元株とは」  金融・経済用語辞典
  2. ^ a b c d 売買単位の統一 日本取引所グループ、2018年10月22日閲覧
  3. ^ 有価証券上場規程(2015年1月3日閲覧)、第205条第9号(東証一部・二部)、マザーズは第212条第7号で準用、JASDAQは第216条の3第5号で準用
  4. ^ 売買単位の集約 東京証券取引所ホームページ
  5. ^ 売買単位の2種類(100株、1000株)への集約期間の終了と100株統一のための移行期間の開始について 東証からのニュース(2014年3月17日)
  6. ^ 上場廃止等の決定:三井ホーム(株) 日本取引所グループ、2018年9月26日(2018年10月22日閲覧)。
  7. ^ 統一に関するQ&A - 売買単位の統一 | 日本取引所グループ
  8. ^ 株券電子化と単元未満株・端株 (PDF) 大和総研、2006年7月28日(2014年10月7日閲覧)。


「単元株」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「単元未満株」に関係したコラム

  • 株式の単元未満株とは

    株式の単元未満株とは、株式の最低売買単位である1単元未満の株式のことです。1単元は銘柄ごとに異なりますが、100株や1000株であることが多いようです。1単元が100株の銘柄では、単元未満株は1株から...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「単元未満株」の関連用語

単元未満株のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



単元未満株のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2020 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの単元株 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS